BONMAC BM-250N






自分の家でコーヒーを淹れなくなって、7年近くになるのであるが・・・・・




今年の夏、暑さのせいかなんか知らんが、店にいるときも自分のためにコーヒーを淹れることはしなかった。


これまでは、家で飲まなくても店で飲めていたので、さほど思わなかったのだが、今年は店でも飲まなかったので、家にいるとき、コーヒー飲みたいな~気分頻発。




家で一杯分の豆を挽くんだったら、手回しのミルで十分なのだが、これまで手回しでこれぞと思うモンに当たったことがない。

なので、ミルを買うんやったら電動とは決めているのであったが、家で滅多に飲まんし、挽くのも一杯分、ほんで機械もそこそこの値段するしで、まー、やめとこかって感じでずっときていた。

しかし、ここんとこ、どうしても家でコーヒー飲みたいってのが、本気モードに突入。

以前から、下調べは済ませてあるので、ちょちょいと調べて、家用の電動ミルをついに調達してしまった。









7年ほど前まで、家で使っていたのが、「カリタ ナイスカットミル」

ジャズ喫茶を始めたときに、それを店に持っていってしまったので、それから家でコーヒーを淹れることはなくなっていた。



次にカフェを始めたときに使っていたのが、「富士珈機 R440」

ナイスカットミルより、モーター音静か、挽けるのも早い、淹れたコーヒーも美味しく感じた。








さて、そんなことであったので、今回はカット式じゃなくって臼式のモンが欲しいな~と、下調べ時、気になっていたモンを、見比べていく。



現在、店で使っているのは、ナイスカットミル。

おんなじモンはいらんし、カット式もやめとく。

数年前、知人から「富士珈機 みるっこ」がかなり良いと聞いたことがあったので興味はあるのだが、ちょっと値段が高い感じ。

そんなん言うてたら、結局、選べるのはひとつだけになってしまった・・・・・。







































a0154260_15462064.jpg
BONMAC BM-250N


昔、よく行ってたジャズ喫茶のコーヒー用品がボンマックであった。

なので馴染みはあるのであるが、業務用のイメージしかない。そんなん言うたら、富士珈機もそうなんやけど・・・・・。




受け缶と掃除用ブラシがセットでついてきた。

でも、受け缶で受けるほど一回にたくさんは挽かんので、受け缶はそのまま保管。





























a0154260_15524510.jpg
挽いても二杯分までなので、受けるのはこんで十分。





























a0154260_15535761.jpg
挽き目が15段階調整できる。

15段階は、なかなか細かく調整できる。

これまで5回挽いてみたが、4.5か5のどっちにしようかと、ちと悩む。

ちなみに、4と5.5もやってみたが、どっちもアカンかった。





























a0154260_15571871.jpg
受け缶の写真を撮り忘れてしもた。

ま、こんなような感じのものである。









「みるっこ」を使ったことがないので、ほんまのところは分からんが、「R440」の個人向けみたいな感じでそんなに間違ってないと思う。



これまで5回挽いて、5杯飲んだ感じでは、「BM-250N」、めちゃくちゃイイと思います!

「富士珈機 R440」と比べて、挽きも味も遜色なし。




購入金額は全込み13500円。

実際、使ってみたあとだと、めちゃくちゃ安く感じるというか、コレほんま安すぎへんかと思ってしまう・・・・・。














いや~、コレは、ほんまに買うて良かった!

こんなことやったら、もっと早くに買っとったらな~というか、これまでのミル、ぜんぶコレにしといたらよかった。

そんとき、コレがあったんかどうか知らんけど・・・・・。






まー、とにかく、「BONMAC BM-250N」、コレはホンマにイイですよ~~!!

















































**************************************************


















[PR]
# by MONO_RECORDS | 2017-09-04 16:19 | Comments(2)