<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

調子に乗って・・・

a0154260_13135236.jpg


こんなにCPの良いモンは、世の中にそんなにはない・・・・。












自分がほんまにそう思ってるからなのかなんなのか、販売開始から切れ目なくずっと売れ続けているのが、


「純毛染色フェルトのターンテーブルシート」 








これまで、在庫がなくなりそうなタイミングで18枚ずつ作ってきたのだが、ちょこちょこ製作も面倒なので、今回は思い切って四倍の72枚を製作!





これで、急な大量受注にも対応できます!!












そんなもん、たぶん、ないけど・・・・・。


















先日、ウチの整備依頼先の マイスターM氏が、



「ターンテーブルシート、これまであまり違いを感じてなかったんですけど、ずっと使ってて以前のモノに戻した途端、このシートの良さがハッキリ分かりました!」



と、仰ってくださった。











他の方からも同様に言われたことが、何度かある。


悪いモンのあとのエエモンよりも、エエモンの後の悪いモンのほうがわかりやすいんですかね~。













とんでもなく高いモンなんか買わんでも、このターンテーブルシートで十分に満足いただける結果が得られると信じております。



12インチターンテーブル、16インチターンテーブル、ベルト、アイドラー、ギヤ・・・なんであっても効果抜群!!



この機会に、ぜひ試してみてくださ~~い!!
[PR]
by MONO_RECORDS | 2015-05-29 15:35 | Comments(0)

四年ぶり・・・。

a0154260_13394814.jpg


アレって、やっぱり良かったよなぁ・・・・みたいに思ってしまうことが、たまにありまして。






状態のよさげなモノがあれば、もう一回と、探し求めて早や三年・・・・先日、やっとこさ見つけました!


























a0154260_13401119.jpg


プリにもアンペックスをあてて、鳴らしてみる。















まー、しかし、久しぶりに聴いたが、この組合せって、やっぱり素晴らしい!!


でも、きっと・・・・会長 の御耳には馴染まない音。


が、しかし、わたくしの耳にはものすごく馴染むぞぇ・・・・・。



























a0154260_13402914.jpg


四年前より、今回のほうが、より良いように感じる。

部屋もスピーカーも違うので、なにがどうだか分かりにくいが、整備先が変わったことがかなり大きいに違いない・・・・・。










しかし、この組み合わせは、ぜんぜん妥協してくれん感じで鳴ってしまうので、盤の状態が悪いレコードはかけにくい。


レコード店の試聴用には、全く向かんぞ・・・・。

















それにしても、アンペックスのアンプって本当にイイですね~~。

[6516] も、この [31560] も、どっちも良かったですもんね~~。






四年前は、手元に [6516] を残したんですけど、今回、久しぶりに聴いてみると、ハマッたときの [31560] って凄いです・・・・・。














しかし、こんなエエモン聴けるのって、幸せなことですね~~~。
[PR]
by MONO_RECORDS | 2015-05-21 14:21 | Comments(2)

GROMMES 56PG

a0154260_140319.jpg


モノラル再生を始めてみようと思われる方から、

「何をどうしたら・・・?」

みたいなことを訊かれることが、ちょくちょくありますのですが・・・・・






でも、その場合、今のステレオシステムはそのままにしといて、モノラル再生装置を一系統ちょこっと別立でって感じのことがほとんど。







この、ちょこっとって加減が難しい・・・・・。




























a0154260_1405055.jpg


グロメスって、プレシジョンのブランドやったんですね~、知りませんでした。





























a0154260_1411619.jpg


ステレオのプリメインアンプに、良い印象はあまりないのですが、モノラルのプリメインアンプって、フツー以上に使えるモンだらけ。






なので、とりあえず始めてみたいって方には、


「アンプは、プリメインからでええと思いますよ。」


と、オススメしてます。


























a0154260_13591835.jpg


これまで聴いてきた感じで、6V6を使ってるプリメインアンプなら、大きなハズレなしと確たる根拠なく勝手に思ってますので、それ以外の球を使ったプリメインは買わん。



今回の、このアンプも、とても好ましい音で聴かせてくれる!




しかし、それも、しっかりした整備をしてもらっての話でございます。










このアンプ、「整備済完動品」ということで仕入れたのだが、全く、整備済でも完動でもなかった。


ま、いつものことなので、また今回もでっかみたいなことなのだが、毎回、ちょっとは期待してしまう自分が情けない・・・・・。

























a0154260_1413345.jpg


なんか知らんが、パンチングのボンネットカバーをカッコイイように思ってしまう。



































a0154260_1415343.jpg


[FAIRCHILD 440] 、洒落てまんな~~。




















a0154260_142952.jpg


ピッカリングのアームを適当に合わせ、エレクトロボイスのバロネットで鳴らしてるんですけど、ほんま、雰囲気良く聴けます。



オーディオ、こんな聴き方もイイと思います!


今度、自宅オーディオ再開の際には、こんな感じでいきたいな~。
























a0154260_1422295.jpg


[SCOTT 121] 、これが元の状態のモノ。



なんか、機械がいっぱい増えてきた・・・・・。










来週には、アンペックスのアンプも届く・・・・売れもせんのに、ほんま、なんぼほど買うてんねんっ!!
[PR]
by MONO_RECORDS | 2015-05-17 14:55 | Comments(0)

8412と8422

a0154260_15292166.jpg


以前、自宅やジャズ喫茶では、ラインケーブルのほとんどに単線を使っていたのですが、現在はすべて [BELDEN 8412] にしておりました。




特に、8412が好きなわけでなく、手持ちに結構な数があったのと、まわりの皆さんも、まま数多く使われてるようでしたので、試聴いただく際に分かりやすいかもみたいな感じで・・・・・。












ちょっと、最近、下の音がゆるいような感じがしますのに、ムッとしてしまい、ケーブルでも変えてみようかなと思い立つ。



単線に変えるのは、ま、試聴してもらいづらい気もしますので、撚り線にしときます。



[BELDEN 8412] より細い番手にしたいのですが、そもそも8412の番手を知らん。















調べてみたら、20番らしい。

結構、太い線やったんやと、今頃になって知る・・・。














BELDEN で探してみると、8422ってのが、22番手。

値段も高くないので、今回は、コレでいってみる。

もし、交換して良かったらアカンので18m買っといた。














先生も遊びに来てくれないので、自分でケーブルを作り、とりあえず、コントロールアンプまで2100mm延びているフォノケーブルを [8422] に交換。


交換後、5分くらいは、へーみたいな音が出てきたが、それ以降は、ちゃんとした音になった感じ。







まま、狙いどおりに下の音がイイ感じになってくれた。

自分的には、こんくらいで良いので、ケーブルの交換はココだけにしとく。

他も換えれば、もっと良いのかもだが、もっと詰めてみようみたいな気はぜんぜんないので、こんでヨシ。









下は、こんでエエにしても、全体でアカンかったら話にならんので、続けて何枚か聴いてみる。

耳に馴染んだ盤ばかりかけていってみたが、イヤな感じはぜんぜんない。

気持ち、音が明るく感じるが、イヤじゃないので、しばらくはこのまま使ってみよう!










下が出にくいスピーカーだと、単線よりも8412のほうが使いやすかったのですが、クリプシュのコーナーホーンだと、しっかり下も出してくれますので、今度は、8412だとちとしんどい。








コレ書きながらずっと聴いてたら、上がちょっとキツイように感じ出したので、トンコンで上ちょい下げて、落ち着いた。








[BELDEN 8422] 、外側の被覆は、ちょっと安っぽ感があるのだが、8412より値段も安いしぜんぜんイイ感じです!




















まー、しかし、撚り線はハンダがしやすいです。

これまで、単線のケーブルしか作ったことなかったんで、よー分からんかったんですが、撚り線、めっちゃハンダやりやすいっす!!
[PR]
by MONO_RECORDS | 2015-05-09 16:20 | Comments(0)

SCOTT 121(ラックマウント仕様)

a0154260_15441931.jpg


あと、いくつか、試してみたいな~と思っているモノラルのコントロールアンプがあるわけなのですが、そのうちのひとつだった [SCOTT 121]。



[SCOTT 120] もどんなんかな~? と思ったことはあったのだが、そっちはとりあえずほっといての 121。
































a0154260_15444590.jpg


もともとは、19インチラック用のパネルでない。


以前の持ち主が、パネルをこしらえた模様。


しかし、これはこれで、かなりカッコ良く仕上がってる!!

































a0154260_1545996.jpg


もとのサイズは、こんくらい。


もうちょっとしたら、オリジナル121も整備から帰ってくるので、また載せまする。





































a0154260_15453382.jpg


で、早速、聴いてみた。
























コレは、
































チョイ聴きで、絶対に欲しくなってしまうブツです・・・・・。














もともと素性の良いモノなんでしょうが、マイスターの手が入って、こんな良い状態で聴くことができるようになるんですよね~~!!








しかし、コレ、 ほんまに素晴らしい。



第一印象でここまで良く感じたのって、これまでなかったように思います。



整備から帰ってきた当日で、ここまでイイんですから、この先、もっともっと良くなっていくことでしょう!













とりあえず合わせてみたのが、[MCINTOSH MC30] だったのですが、ぜんぜんイケてるみたいなんで、しばらく、このまま鳴らしときます。



また、聴きにきてやってくださいね~~。
[PR]
by MONO_RECORDS | 2015-05-03 16:17 | Comments(2)