<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

RCA BQ-2B

アレってのは、[RCA BQ-2B] のことでして・・・・・


すでに、ごんたさん がお書きになっておりますので、いまさらって感じもするんですけど・・・・・。




まあ、しかし、なんにしましても、16インチのターンテーブルってのはスゴイです。

[BQ-2B] を聴かせていただく前に、エンパイアの円柱スピーカーを鳴らすのに [GATES CB-500] を使って聴かせていただいたのですが、これが、まあ、これまでのエンパイアが出してた音と、ぜ~~~んぜん違う音・・・・・。

こんなに違う音になるもんかってくらいに違う音。


あの、ふつーーな感じで鳴ってたエンパイアがエンパイアやと思ってたのに、ちゃうかったんですね~~。


やっぱり、大きいことは、いいことなんでしょうね~~!!





で、まずは一発、[CB-500] で、びっくりさせていただき [BQ-2B] の待つ、パラゴンの間へ・・・・・。







いつものことながら、写真もないわけですが・・・・・


[BQ-2B] 、見た目もカッコイイです。

プラッターを、指で弾かせてもらったんですけど、ぜ~~んぜん、鳴りよりません。

なんぼなんでも、ちょと殺しすぎとちゃうん?って感じです。




で、レコードがかかり・・・・・



う~~ん、シブイ。

しかし、ちょっと、シブすぎるのでは・・・・・



サックスを吹いてるんですけど、どう聴いても思いっきりシブイ尺八にしか聴こえない・・・・・。



ごんたさんも、プリアンプをいらいまくってはるんで、思ってるようには鳴ってない感じなんですけど、それにしても・・・・・



で、ごんたさんが・・・・・





「この充実した中域がタマランでしょ?」


「いやいや、たしかに充実してるんですけど、なんぼなんでも乾きすぎなような気がするんですけど・・・。」


「いや、まあ、そういう傾向はあるんですけど、そのあたりが他では聴けんというかなんというか・・・。」


「ま、確かに、これは他では聴いたことがないんですけど、でも、なんぼなんでも・・・・。」




[BQ-2B] のプラッターは、外側から見えない部分(アイドラーが当たる部分の外側) にクルッと一周ウレタンのような素材の幅広帯が巻かれています。
で、ターンテーブルシートはコルクの上にフェルト。




「コレ、取ってみません?」


「えっ、取る?」


「いっぺん、このコルクとウレタン取って、フェルトだけとかやってみましょ。」




コルクは、接着剤でベタ貼りでなく、点貼りされてました。

70-Cや70-Dでは、プラッターにフェルトがベタ貼りされてます。

コルクやから、点貼りしたのか、それか、オリジナルの仕様ではないのか・・・・・。
(後に、目にした他のBQ-2Bのプラッターにもコルクは貼られていたのでコルクまではオリジナルなのか?)




で、コルクを剥がし、ウレタンも取ってみましたら、プラッターはええ感じで鳴ってくれます。

裸になったプラッターの上に4mm厚フェルトのみを乗せてみて・・・・・




耳に馴染んだ音が出てきてくれました。

落ち着きます。

さっきまでの乾ききった音とは、ぜんぜん違う・・・・・。



でも、ごんたさん的には、ものすごくご不満の模様・・・・・



「ま、普通ですな。これやったら、どこでも聴けるねん。」


仰るとおり、そのとおり、普通の音です。

で、いろ~んなパターンをやってもまして・・・・・




ほんなら、いっぺん元に戻してみましょか?




ウレタン幅広帯も巻き、コルクとフェルトシートも元どおりに戻しました・・・・・。


で、最初にかけた渇ききった音のサックスのレコードを、もういっぺん聴いてみます・・・・・




「ぜんぜん、いいですやん・・・。」

「これねぇ、フォノアンプが暖またんやと思うわ・・・。」



最初のレコードをかけたのは、機械の電源を入れて、すぐ。

なんのこっちゃない、ただ単に、機械が暖まってなかったから、変な音が鳴ってただけで・・・・・。



でも、その変な音のときでも、ごんたさんは、

「いいでしょ~!」

的ニュアンスを醸し出しておられたのですが・・・・・。



[BQ-2B] 、機械が、ちゃんと暖まってからの音、素晴らしいです。

これまで聴いた、16インチアイドラープレーヤーの音とは、ぜんぜん違ってます。

こりゃ、さすがに、ごんたさんがベタ褒めされるわけです・・・・・。





コルクやウレタンで、プラッターの鳴きを殺しまくってるにもかかわらず、きちんとウマイこと聴かせてくれます。
あんなに響かんターンテーブルやのに、なんで、そんなにうまいこと余韻が続くのかと思うくらいにウマイこと聴かせてくれます。
でも、それも、コルクの上にフェルトがあるのとないのとでは、ぜんぜん違ってまして・・・・・。

どこまでがオリジナル仕様かわからんのが辛いんですけど、ここにはフェルトが乗っかってたほうがぜったいにイイ感じがしました。




まあ、しかし、この [BQ-2B] 、ほんまに素晴らしかったです。

いやいや、ほんまにエエもん聴かせてもらいました。

やっぱり、プラッターがキモなんでしょうね~!

あんだけ、響きを殺しまくってますのにね~~!!






僕も、もう一台、さ~~がそ~っと~~!!

























[PR]
by MONO_RECORDS | 2011-09-29 01:23 | Comments(0)

気合い十分!

ほんで、まあ、「ガビ~~~~ン」 となりながらも、店にUターン・・・・・。



ごんたさん は、30分後に到着予定・・・・・。



30分・・・・・「さあ、帰ってビールでも飲んで~」 モードに完全に入ってたのに、これから30分・・・・・。





「時間もあることやし、ほんなら、アレやってみようかな~」 と、3000円CDPを、もうちょっとマシにしてみる作戦を決行。







すでに、もうこれで上等くらいには鳴ってくれてるんですけど、なんにしてもイマイチ覇気がない。


で、今度、ヒマなときにやってみよ~って思ってたことを実行。



3000円ポータブルCDP→プリアンプ(ALTEC 440C)→なんか分からんミキサー(AMPEX製)→

ラインアンプ(AMPEX 5701R3)→パワーアンプ(AMPEX 6516R2)→スピーカー(ALTEC 606)

と、つないで、鳴らしてるところから、プリアンプ(ALTEC 440C)のみ外してみる。

決行っていっても、たったこんだけのことです。
でも、たった、こんだけのことが結構めんどくさいんですよね~。



[ALTEC 440A] このプリアンプって、バーーーンッと音を前に押し出してくるような感じのアンプじゃない感じでして、どっちかいうたら、まろやか系やと思います。

ま、ほんまのとこは知りませんけど、[MCINTOSH AE-2] や [MARANTZ Audio Consolette] と比べましたら、明らかにまろやか系です。
で、それはそれで、いいわけなんですけど、どうも、3000円CDPをシャンと鳴らすには向いてないような感じがしまして・・・・・。







まあ、しかし、いつものことながら、うまいこといきます。

思ったとおり狙い通り、コレを抜いたらこんな感じになるやろうって睨んだとおりの音が出てきよりました。


こんなことばっかり言って、ありささんに冷笑されてるような気もしないではありませんが、しかし、ほんまにうまいこといってしまいます。



ちょっと、安モンくさい音になったような感じもなくはないんですけど、でも、シャキーンッとしてくれました。
イコライザーは、なんにもイジれませんので、素の音が何台かの機械を通ってスピーカーから出てきてるわけなんですけど、それまでの音よりはずいぶん良くなったと思います・・・・・。




ふむふむと、満足気に聴いてるところへ、ごんたさん登場!!










a0154260_223133100.jpg



対決まで、まだ一週間もあるというのに・・・・・気合い十分です!

ごんたオリジナルベース仕様となって、ついこないだ帰っていったばかりのプレーヤーが、また帰ってきてしまいました・・・・・。




せっかくなんで、ごんたさんにも、出来たてほやほやのCDラインを聴いていただいて・・・・・


「ふん、まあ、3000円やったら、ええんとちゃいますか・・・・。」





薄い・・・・なんて薄い反応・・・・・。






で、ほな、帰りましょかと、ごんたさんの車のところまで行ったところで・・・・・


「ほな、ウチ来てアレ聴く?」


「おーー!」





(またまた、まだまだ、先が長いので、次回に続く・・・・・。)






























[PR]
by MONO_RECORDS | 2011-09-26 22:57 | Comments(0)

まっつん

ウチの店をオープンさせていただきましたのが、今年の1月11日。

その前々日くらいに、ごくごく内輪のお披露目会みたいなことをさせていただきまして・・・・・。



その、お披露目会に まっつん も来てくれていたわけなのです。

で、まっつん・・・・・


「私は、近くにあったら、間違いなく2日に1回は行ってるなぁ~と思います。」

と、紹介くださったわけなのですが・・・・・。





オープンから八ヶ月以上を経たこの週末、ウチの店に、まっつんがお客さんとして初めて来てくださいました!!



惜しい、悲しすぎるくらいに惜しい・・・・・ウチの店が、まっつんの家の近くにあったなら・・・・・。



しかし、悲しいかな、ウチの店とまっつんの家は遠い・・・・・。



なので、近くなら、「2日に1回は行ってるなぁ~」 のまっつんは、遠いので、年に一回ペースでしかウチに来られない・・・・・。





ま、そんなことは、どうでもいいんですけど・・・・・。





まっつんは、今日も赤ちゃんフェチの僕にものすごくかわいい赤ちゃんを抱かせてくださり、キレイな奥さんにも合わせてくださり・・・・・お土産もきっちり持ってきてくれて・・・・・まっつん、ありがとー。




ウチの店には、まっつんだけが入店。

で、先日のまっつんのブログでの 「ごんたさん宅訪問プレーヤー試聴記」 の裏側を訊いてみました・・・・・。




「あれ、5倍は良いって、なんですのん?」


「あっ、言い過ぎましたかね~?」


「いや、あの、言い過ぎとかじゃなくって・・・・ほめてんのか、ほめてへんのか、どっちかよう分かりませんやん。」


「いや、ほめたんですけど、ほめすぎましたかね~?」


「ほめすぎって・・・・ほんまは、どんくらい良かったん?」


「3倍ですかね。」


「ゲラゲラゲラゲラ~~」




さすが、まっつん、あいかわらず、ビミョーです・・・・・。






まっつんの、おもろい話をいっぱい聞かせてもらって、数時間後、営業終了。


「あー、今日もおもしろかったー、さー帰ろー!」


と、駅に向かって歩いてましたら、ケイタイが光っとります。


なんじゃろかと、見てみましたら、ごんたさん からのメール。


数分前にメールが届いてましたので、とりあえず、駅に向かって歩きながら、電話。



「あー、もしもし、すんません、今、気づきましてん。」


「あのー、今から、そっちに、プレーヤー持っていってもええ?」


「ガビ~~~~ン」



(まだまだ、先が長いので、次回に続く・・・・・。)






























[PR]
by MONO_RECORDS | 2011-09-25 02:54 | Comments(0)

ま、やっぱり・・・。

a0154260_0152315.jpg


昨日、書かせてもらったとこで、

CDPからの信号をモノラルミックスしてしまうAMPEX製のモンと [AMPEX 5701R3] の間に、この [ALTEC 440A] が入ってるのを書き落としてました。

えらい、すんません。





で、

「おもんないな~~、歯ごたえないな~~」

と、ぼやいてましたら、

天の声が・・・・・






「CDPに漬け物石を、乗せてごら~~~ん。」





漬け物石・・・・・そんなモン乗せたら、ちゃっちいCDP、割れてしまうやんか。





「それなら、レンガを乗せてごら~~~ん。」





ほーほー、なるほど、レンガぐらいやったら、乗せても割れへんかもわからん。





「は~~い、やってみま~~~す!」






ということで、レンガ・・・・・ホームセンターに行くのが、ちょっとめんどいな~と思ってましたら、ウチの納戸にエエモンがありました。
以前、人からもらった、なんか分からんピアノの鍵盤の焼きもの。
こんなん、どないすんねんと思ってたら、今回、レンガの代わりになるような。




a0154260_015354.jpg


レンガの前に、

とりあえず昨日は、[ALTEC 440A] のセレクター 「TAPE」 のとこで使ってましたんで、今日は 「TV」 にしてみました。



まー、そんなにというか、「TAPE」 でも 「TV」 でも、ぜんぜん変わらん感じです・・・・・。



なので、予定通り、レンガ作戦。











a0154260_0154828.jpg


まずは、上に乗せるんじゃなくって、台にしてみて・・・・・な~んも、変わりません。










a0154260_015596.jpg


今度は、CDPの上に乗っけてみました・・・・・な~んも、変わりません。



(見えてませんけど、この下にCDPがあります。)




そうか、やっぱり、重みがぜんぜん足らんのか・・・・・










a0154260_0161087.jpg


鉄アレイ(3kg) を、さらに乗っけてみたりましたが、な~んも、変わりません。








そうか、やっぱり、レンガじゃないからアカンのか・・・・・


どう見ても、このピアノ鍵盤の焼きもの、シナ製の安モン臭が漂ってるようなモンやしな~










a0154260_016171.jpg


で、直置き・・・・・な~んも、変わりません。





ほんまは、変わってたのかも知れませんが、僕には、ぜんぜん違いを感じ取れませんでした。







ま、やっぱり、僕は、CDって、こんなくらいにしか、よう鳴らしません。

そやから、CDを聴かんようになってるんですからね~。

そんでも、3千円のCDPで、こんくらい鳴るんやったら、上等のような気もしますし・・・・・。

って言うか、今回、CDPを買ったのって、CDをきちんと鳴らすためじゃあ、なかったし・・・・・。




ほんま、いつものことながら、何をやりたいのか、何をやってるのか、やってる途中でよう分からん状態になります。




今回も、

[ALTEC 606] を営業前に鳴らすのに、いちいちレコードをかけるのが面倒くさい。

CDやったら、かんたん。

CDソフトなら、「T口 CD 」 が、店にいっぱいある。

それなら、とりあえず、安物のCDPを探そう。



って、ただ、こんだけのことやったはずなのに・・・・・おかしい・・・・疲れる・・・・。







ま、でも、せっかくやったら、イイ音が出てきてほしいですしね~~

ちょっとは、やってまいますわね~~

習性なんですかね~~

イヤな感じですね~~~






























[PR]
by MONO_RECORDS | 2011-09-24 01:07 | Comments(0)

懲りずに・・・。

CDプレーヤー、無くなったら無くなったで、不便・・・・・。

ふだん、全くCDを聴かないんですけど、なんかのときに、ちょっとあったら便利なんですよね~。


[ALTEC 606] を、営業前に鳴らしたりしてるんですけど、いちいちレコードをかけるのが面倒で・・・・・。


とりあえず用に購入しといたプレーヤー [CD-303] は、入院したっきり・・・・・。



で、なんか、もう一台、安~~~~い、CDプレーヤーで小マシなのがないもんかなと、ヨハネス先生に相談してみましたら・・・・・


「どうせ、すぐ、ほうりだすねんから、ポータブルCDプレーヤーにしとき・・・・。」



おーーーーっ、なるほど!!

その手があったかーーっ!!



てなことで、ポータブルCDプレーヤー探し・・・・・。




しかし、いったん探しだしますと、どんどんええのが欲しくなってきてしまい、気がついたら5万円くらいのを買いそうになってしまってて・・・・・

「こりゃ、アカン、何をしたいんか分からんことになっとる・・・・・。」

と、珍しく、正気にもどることができまして、3千円でめでたくポータブルCDプレーヤーを入手。









a0154260_23414858.jpg


コレを、この目立たんとこに隠すように置き・・・・・。









a0154260_2342282.jpg


この、なんか分からんけど、CDPからの信号をモノラルミックスしてしまうAMPEX製のモンに通し・・・・・。









a0154260_23421376.jpg


それを、また、[AMPEX 5701R3] にも通し・・・・・。









a0154260_23422287.jpg


で、[AMPEX 6516R2] から、[ALTEC 606] に持っていくと・・・・・。









a0154260_23423127.jpg





間にかましまくって、スピーカーから出てくる音、どの機械がどんなふうに絡んできてるのか、ヒジョーに分かりにくいです・・・・・。



悪くはなくって、結構、イイ感じなんですけど、まあ、でも、ぜんぜん歯ごたえを感じられん音・・・・・。





なんぼ3千円でも、もう、ちょっと、歯ごたえ出るようになってもらわんとあきませんね~~。

























[PR]
by MONO_RECORDS | 2011-09-22 23:59 | Comments(0)

第二回 オーディオセミナー開催のお知らせ

先日、予告させていただきました、「第二回 オーディオセミナー」 の開催が決定いたしましたのでお知らせいたします。


第二回 オーディオセミナー
『スピーカーの使いこなし・セッティング 』 (実際にアルテック606を使って遊んでみよー!)



講師:ヨハネス先生

開催場所:BUNJIN HALL

開催日時:10月1日(土曜日)19:00~21:00ごろ

受講費:2000円 (ワンドリンク付)

定員:10名


満席御礼、申し上げます。

受講申込数が定員に達しましたので、受講の申し込みを締め切らせていただきます。







今回、アルテック606を鳴らします折、
ごんたさんT口さん のプレーヤー対決!!』 みたいなこともやらせていただくこととなりました。

見た目は、ほぼ同じの両者のプレーヤー、しかし、その中味は、ぜんぜん全く違うモノ・・・・・。

同じスピーカー、同じアンプを使って、両プレーヤーの音の違いを、しっかり確かめてみようてな感じです。

さあ、どっちのプレーヤーがイイんですかね~!
ついでに、ウチのプレーヤーも使って、どこがどんなふうに違った感じになるのかやってみたいと思います。

ほんまに、1時間半や2時間で、ぜ~んぶ、できるんでしょうか?

ま、アカンかったときはアカンかったときで、なにとぞお許しくださいまし。







セミナー終了後、前回同様、お代はきっちり頂戴いたしますが、ウチでご飲食いただけます。
( 名付けて、「懇親会と称し、ちょっと儲けさせてもらう作戦」 )

ヨハネス先生も、またまた、そのまま無理やり居残っていただきますので、皆さんでいろいろお話いただけましたら幸いに存じます。


上記セミナーご参加のお申し込みは、[bunjin.osaka@gmail.com] へ メールしていただくか、
BUNJIN HALL へ、お願いいたします。

お申込数が定員となり次第、受付を終了させていただきます。
受講ご希望の方は、お早めのお申し込みをお願いいたします。



前回以上の楽しい会にしたいと思います。
ご協力の程、なにとぞ宜しくお願いいたします。






なお、誠に勝手ながら、上記セミナー開催のため、10月1日(土曜日)は、18:30で営業を終了させていただきます。

























[PR]
by MONO_RECORDS | 2011-09-18 00:53 | Comments(0)

予告 『第二回 オーディオセミナー』



近日中に、きちんとお知らせいたしますが・・・・とりあえず、予告させてもらいます。






第二回 オーディオセミナー
『 スピーカーの使いこなし・セッティング 』 (仮題)

(実際にアルテック606を使って遊んでみよー!) ってな、副題。


講師には、もちろん、ヨハネス先生をお迎えいたします。





a0154260_1121960.jpg


ウチに揃いのスピーカーが二台あるって状況は、今後、もう二度とないと思われます。
せっかくのこの状況、使わない手はありません。

ヨハネス先生に思う存分、イジッていただきましょーー!!


アルテック606を、聴いてみる機会も、そうなかなかあるもんでもないような・・・・・。

セミナーに興味はないが、アルテック606は聴いてみたいって方も、ぜひぜひご参加ください。






セミナーの時間は前回同様、90分を予定しているわけなのですが・・・・その90分で収まるわけがないような企画も持ち上がっておりまして・・・・・。




a0154260_112309.jpg


T口さん のプレーヤー、詳しくは訊いてないんですけど、異音が発生するらしいんです。

で、そのあたりを、ヨハネス先生に診ていただくため、現在、ウチで待機中。



その待機中のブツを見つけた、ごんたさん が、ご自分の [MICRO-TRAK] と T口さんの [RUSSCO] を対決させようと企み・・・・・。
(T口さんのプレーヤーのプラッターを手にしたごんたさんが、ものすごくワルい顔をされていたのを僕は見てしまいました・・・・・。)


その対決は、ヨハネタワーで行われる予定だったのですが、せっかくの機会ですので、T口さんの [RUSSCO] を、今回のセミナーの中で公開メンテナンスすることとし、その後、アルテック606を鳴らす際のプレーヤーとして、この二台を使って、どっちのプレーヤーの音がイイかセミナー参加者の皆さんにも聴いていただこうかなと・・・・・。





でも、こんなこと全部やってましたら、とても90分で終わるはずがありません。






ちょっと、講師の先生と相談させてもらって、詳細が決まりましたら改めてお知らせしまーす!

























[PR]
by MONO_RECORDS | 2011-09-12 02:11 | Comments(0)

もひとつ・・・。

a0154260_23551027.jpg

今回、調達しました [RCA 70-C] 、もともと、このフェアチャイルドのフォノイコみたいなものがついておりまして・・・・・。


このままつけといたら、なんぼ。 外して売ったら、なんぼって感じの話になり・・・・・。


外して売ってもらいますと、そこが、そのまま穴開きになってしまいます。

[70-D] が穴だらけでしたので、今回は、できるなら穴開きは防ぎたい。

でも、たぶん、このフェアチャイルドのフォノイコは使わない。

使わんモンに、何万円も出す???





今回は、どうしても穴開きを防ぎたかったので、使わんモンに何万円も出すことにしました。


使わんと思ってても、使うかもしれん。

使わんかったとしても、ソレがあったら天板の見ばえは、ものすごくイイ感じに思える。

ひょっとしたら、ものごっつい、イイ物かもしれん。






a0154260_23552567.jpg



ほんで、いつも整備をお願いしております方に、

「コレ、買いまして~ん!」

と、見せびらかしましたら・・・・・



「コレ、イコライザーとちゃうと思うで・・・。」





たぶん、使えんモンやろなとは思っていたものの、そうハッキリ言われてしまうと、結構ガックリきます。





「中身を開けて見てみんと、ハッキリとは分からんけど、たぶん、イコライザーではないわ。」






ま、それも、よし!





別に、コレが使えんでも、ごっつイイ音がすでに出てる!!
















a0154260_23553960.jpg


ビリー・ホリデイのコモドアのSP盤4枚組、いつか、買ってみようと思っていながら、これまで買わずじまいだったのですが、今回、ようやく入手。


同じ手の12インチLPを買い~、10インチLPを買い~、

で、今回、ようやっとのSP盤だったのですが・・・・・




SP盤にかなり期待していたのが悪かったのか、なんか思っていたほどでなし・・・・・。




自宅でSP盤を聴いてたときには、「SP盤って、すごいなぁ・・・。」 って思ってたんですけど、店でSP盤を聴くと自宅で聴いていたときほどには、そう感じず・・・・・。


SP盤が、うまく鳴らなくなったんじゃなくって、LP盤が、ものすごく良く鳴るようになった気がしてます。

なので、以前ほどSP盤のすごさを感じられないっと・・・・・。


やっぱり、いつか、いつかなんて言うてたらアキマセン。

自宅で、このSP盤を聴いたなら、きっとLP盤より、ずっとイイ感じに聴けたでしょうに、もったいなかった・・・・・。











a0154260_23555494.jpg


[GRAY 106 108] 用って感じで、海外オークションに出品されております、このアームレスト。

せっかく、天板も穴開きなしの [RCA 70-C] を手に入れましたので、いつまでも自作アームレストってのも
カッコ悪い感じがして、買うてみたのはいいのですが・・・・・。



オリジナルのアームレストと大きさがぜんぜん違う。

[GRAY 108] 用に調達したなら、泣いてるとこでした・・・・・。


[106] になら、これで、いけんことはありません。

というか、[106] になら、こっちのほうが、ピッタシくるような気もする・・・・・。






a0154260_23561512.jpg


それまで、[106] のアームレストに使っておりました自作モンの上部を外し、[106] 用の拳レストに転用。

[106] はSP盤専用で使っておりますので、拳レストがないと、ちょっと手のもっていきようを誤ってしまうと、手がエライことになってしまうんです。

まだ、試してはいないんですけど、たぶんこれで、手を傷めることはないと思います。





a0154260_2356248.jpg


しかし、まあ、[RCA 70] 系には、拳レストは必須モンですね~。

油断してたら、エライ目にあってしまいますもん。

[PRESTO 64A] なら、そんなに危険でもないんですけど、[RCA 70] 系の、あの回転数切替のところがね~、アレに当たると、ほんまに痛いですし、ビックリしてアームが飛んじゃったりしますからね~~。


しかし、拳レストがついてるのとついてない [70] 系があります。

「こんなモン、ジャマじゃー!」

って方も、おられたんでしょうか?


普通に考えて、コレはオプションじゃなくって、最初っからつけとかなあかんように思うんですけど・・・・・。


あったらあったで、ジャマなことってあったんですかね~~?


























[PR]
by MONO_RECORDS | 2011-09-07 00:58 | Comments(3)

アース棒

a0154260_0155429.jpg



先日、[AMPEX 5701R3] が、戻ってまいりまして・・・・・。


早速、組み入れてみましたら、ぜんぜん、整備前と変わってない・・・・・。


疲れます・・・・・。



この [AMPEX 5701R3] 、関東方面へも何往復も整備の旅に行ってましたが、ぜんぜん直らず、送料負担がえげつないことになっていってしまいましたので、関東方面へ送ることは止め、いつもお世話になっております方にみていただくことに・・・・・。

ですが、結局、そこでも何往復も行き来し・・・・・ぜんぜん、直りませんでした。



今回、整備先では二週間のランニングテスト中、一度も症状が出ないということで戻ってきたのですが、やっぱり、ぜんぜん直ってない。
ほんで、もう、整備してくださる方も、こりゃ、現地で症状を確認して、現地で直すということになり・・・・・。



結果としましては、完璧に直りました。



たぶん、問題があった箇所は一ヶ所ではなかったんだと思うんですけど、一番問題だった部分を関東でもこっちでも、この日まで見つけることができなかったんだと思います。

一番問題だったのは、電源部と本体をつないでるケーブルでした。


電源とかその他のとか、たぶん六本のケーブルとアース線一本の計七本が一緒くたにシールドされて一本のケーブルになってたと思います。

その七本が、ギッチギチに巻かれてたんですけど、経年で被覆がすり切れ・・・・・完全にすり切れてはないようでしたが、被覆がかなり薄くなっている部分どうしが当たってしまって、いろいろ面倒を起こしてたみたいです。

被覆が薄くなってしまった部分を絶縁テープで巻き、音出ししてみましたら、全く何の問題もありません。



原因が分かってしまえば、なんで、こんなもんが、ずーっと直らんかってんてなもんですが、しかし、まあ、この部分を探しあてるってのは、やっぱり、かなり難しいような気がします。

ケーブルの一番外側の被覆を剥いてしまわないといけませんし、シールドもムキムキしなければなりません。

結構、キズもんになってしまいます。

そこまでやって、そこが原因じゃなかったら・・・・・ま、やっぱり、ちょっと難しいですね~。


今回も、僕が、そこにいたので、遠慮無くそこまでやってしまえたんだと思います。



原因特定の為、音出ししながら、[AMPEX 5701R3] を振りまくるは、電源のトランスから白い火花は飛ぶは、スピーカーから恐ろしい音は出てくるは・・・・・整備につきあうってのは、なかなか根性がいるもんです。




で、ようやく、完調となった [AMPEX 5701R3] を、組み入れてみますと、なんかしらんノイズが出る。

整備してくださる方が、

「これは、たぶん、電圧が高すぎることになってると思うので、とりあえず100Vで使ってみて。」

とのことなので、100Vにしてみますと、ノイズは全く出なくなりました。



ほんでもって、ようやく音出ししてみようとなったのですが、今度は、スピーカーから、これまで出てきたことのない恐ろしげな音が飛び出し・・・・・。


「100Vと115Vにつないだ機械のアースを一緒に回してるから、こんな音が出るねん。これ、ハムやで。」


ハム・・・・ハムって、これまで、いろんなハムの音を聴いてきましたが、今回のハム音は、ほんまにスゴかったです。

ほんまに、ハム~~~???

と、思いましたが、ま、そこは、そう信じることとして・・・・・。



で、

「これからは、アース線をぐるり一周させることはやめて、こんなふうにしー。」

と、教えていただきましたのが、写真のような感じ。



ダウントランスのところからアース線を出して、それをΦ3mm長さ1000mmの銅棒に、カシメもしー、ハンダもしー。

今回も、もちろん、ヨハネス先生 にお出ましいただきー・・・・・。



先生、いつもいつも、何度も何度も、しょっちゅうしょっゆう、お出ましいただき、誠に申し訳ございません。

いつも、本当にありがとうございます。




で、その銅棒を、機械を乗せてるキャビネットの裏側に留め、各機器をちょんちょんと全部、その棒につないでいくと。

これ、なんで、今まで、やっとかんかったんでしょう??

めちゃめちゃ、イケます!!



これまでの、アース回しより、ハムがかなり軽減されます。

よほど、ボリュームを上げないことには、ノイズが気になりません。

ウチの通常の音量では、全く気にならないレベルです。

ほんで、ぐるりと回すよりも、むちゃくちゃ簡単ですし、新しく機械が入ってもカンチンプーです。


いやいや、これは、ええこと教えてもらいました。

なんで、もっと早く教えへんねんと思わないこともありませんが、ま、それはそれ・・・・・。





なんか最近、ちょっとずつですけど、確実に前進してる感があって、イイですね~~~!!

























[PR]
by MONO_RECORDS | 2011-09-04 01:08 | Comments(0)

今週も・・・。

a0154260_003525.jpg



まー、先週の土曜日は、大変でした・・・・・。




いつもなら、雨が降り出しても、全くその気配すら感じられない地下店舗なのですが、この日は、換気扇のところから雨音が聞こえてきまして・・・・・

「うわぁ、めちゃくちゃ降っとんねやろなぁ。」

とは、思ってたんです。



一人のお客さんが帰られたのですが・・・・・

「雨が、ものすごいんで、もうちょっとおらしてください。」

と、すぐ戻ってくられました。



そのお客さんも、次の用事があるらしく何度か、1階に上がられたのですが、すぐ戻ってこられるを繰り返し・・・・・



「あのー、ビルの中に水が入ってきてます・・・・。」

「ヌェーーーッ!」


と確認に向かいましたところが、ヤマトの兄ちゃんがビル入口前に避難中の写真。



このときは、まだ、こんなくらいの水位だったのですが、この後すぐにビル関係者の動きが慌ただしくなり、店の入口前のエレベーターの扉から、水が滝のようにジャンジャン降ってきました。
階段からも川のように水が流れ落ちてきとります。



「アカン、アカン、水没、水没。」



ビル関係者が土嚢を積んではりましたので、あわてて僕も参加。

ビル前の道路、車のタイヤが完全に水に浸かってしまうくらいの水位になってます。



両手に土嚢を持って三往復。

もう、汗だくです。

自分たちでできることは、もうそれだけしかありませんでしたので、店に戻ることに・・・・・






「どっひゃーーーーっ!!」





店に入ってみましたら、演奏中のレコードの上に、天井から水がドボドボ降ってきとります。

天井照明の裸電球からも、ボッタボタ水が落ちてきてて・・・・・




「すんませーーーん、止めさしてもらいますーーーー!!」



このとき、店内には、お客さんがまだ数名おられましたんです。




しかし、スゴイなーと思いましたのは、そんな状態なのに、レコードがふつーに演奏されて、スピーカーからふつーに音が出てきて、それをお客さんが、これまたふつーに聴いてたってこと・・・・・。


スピーカーから出てる音が大きいもんで、天井から水がダダ漏れになってるのを、気づかないんですね~。

おとろしいもんです。




で、ここからは、ウチの天井のあっちこっちから、水がなんぼでも落ちてくる状態となり、特にプレーヤーまわりが強烈にヤバイ。

親切なお客さんが手伝ってくださって、全ての機材に大慌てでビニールをかけ、それが終わると今度は、店にある全ての鍋、フライパン、丼、タッパー、ふきん、ぞうきん、タオルを使って、天井から床になんぼでも落ちてくる水を受け・・・・・落ちてくる水の量がものすごいので、フライパンも鍋も、すぐに水でいっぱいになってしまいます。
まー、それを、ローテーションしまくってはみたのですが、どのみち全ての水を受け止めるのは無理。



一段落ついたところで、親切に手伝ってくださったお客さんにお帰りいただき・・・・・。



親切なお客さんが手伝ってくださらなかったら、被害はもっと大きいものになっていたと思います。
この日この時間に、手伝ってくださったお客さんが来られてて、ほんまによかった・・・・・。



お客さんが、お帰りになって、すぐ、漏電ブレーカーが落ちました。

真っ暗け。

懐中電灯を使って、しばらく作業を続けましたが、ぜんぜん、はかどりません。




ビル入口からの水はくいとめたものの、1階のコンビニ店が全くくいとめてくれず、コンビニ店に入った水が階下のウチに全て落ちてきたと・・・・・

ほんま、しっかりしてくれ、ファミマ。






で、もう、これ以上、店に残っていても、今日できることは無しとなりましたので、帰ることに。

駅に向かって歩いてますと、前方からこちらに見覚えのあるお顔が・・・・・。




T口さーん!」




あきらかに、どっかの飲み会上がりの顔とにおい。

むりやり、T口さんをお茶に誘い、今日の出来事を一時間ばかり、しゃべらしていただき解散。




翌日、あとかたづけと漏電箇所の特定を急ぎます。

電気が使えませんので、ほんまに作業が進みません。

懐中電灯だけでは、ぜんぜんアキマセン。

あー、こんなときに、ODさん のミニランタンがあったなら・・・・・。




ま、もう、アレは、箱の中に永久保存されてしまったので、仕方なし。






配電盤をいじって、だいたいの漏電箇所は特定できたのですが、ココってのが分かりません。

とりあえず、そこらへんのコンセントから全てのプラグを抜き、点検口も開け、その日は終了。



で、翌日、漏電箇所のブレーカーを上げてみますが、やっぱり落ちてしまいます。


「ありゃー、まだ、乾いてないんかぁ。」

と、思ったのですが、一ヶ所だけ、まだ天井から水が落ちてくる所があり・・・・・。


それが、また、そこに点検口があるじゃありませんか。

ここの点検口は開けてませんでした。

で、この点検口から、水が落ちてくる。

こりゃ、まぁ、普通に考えたら、この上に水が溜まっとる。

なので、そこで、漏電してる・・・・・。





おそるおそる、点検口をちょっとだけ下げてみると、ジャジャッと水が落ちます。

「・・・・・・・。」


考えてみましても、どっちみち、これは下げんことには仕方ありませんので、一気に下げたりました。



「ドバーーーッ!!」



思った以上に激しく水が落ち・・・・・

せっかく、掃除したところも全て台無し。被害を受けてなかったモノも新たに被災・・・・・。




で、開いた点検口から、すぐに出てきましたのが、圧着端子でつながれた電線四ヶ所。

何個が水に浸かっていたのか分かりませんが、もう、ぜったい、ココが漏電箇所で間違いなし!!



圧着部分の水を飛ばし、タオルで拭いて、待つこと5分。

問題箇所のブレーカーを上げてみますと・・・・・バッチリ、ココでございました。




そんなこんなで、火曜日より営業再開できたわけなのですが・・・・・。




こんなことがありましたので、「雨」 にビビッてしまうようになってしまい・・・・・。


雨が降りだすと、かなり、ビビリます。


今晩、明日と台風接近で、もうビビリまくり。



今晩、なんかビニールを機材にかけて帰ろうと思ってたんですけど、店にはプチプチしかなく、まあ、それでもいいわってことにしてたのですが・・・・・。




そこへ、さすがの ジョージアン


営業中に、養生用の薄手のビニールを持ってきてくれはりました。

ホームセンターで、この薄手養生ビニールを調達してこようと思ってたのに、結局、できてませんでした。

それを、まあ、その薄手養生ビニールを、ジョージアンが持ってきてくださるとは・・・・・。



ジョージアン、ありがとーーーーー!! 助かりますーーーーー!!



閉店後、しっかり、機材にビニールをかけてきましたので、十一、天井から水が落ちてきましても、ちょっと安心。



まあ、でも、天井からも、エレベーターからも、階段からも、水に攻めてこられては、ほんま、もう、どうしようもありません。









地下店舗・・・・・ちょっと、いろいろ考えんとあきませんかね~~~。

























[PR]
by MONO_RECORDS | 2011-09-03 01:30 | Comments(0)