<   2010年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

STUDER-AMPEX-BROOK-RCA

a0154260_1216446.jpg

[STUDER A727]ー[分からんAMPEX]ー[AMPEX 31560] と、つないでのCDは、ものすごく気持ちイイ音で鳴ってくれているのですが・・・・・。

[AMPEX 31560] では、[JBL 1050] を鳴らしておりますので、このラインで普段CDを聴くことは、まず、ありません。
CDは、[JENSEN G600] か、アリストクラットで聴きたいところでして・・・・・。
そうして聴くには、[分からんAMPEX] に [RCA MI-12182A] をつないでやらねばなりません。

で、そうしてみましょと、前にならって、[STUDER A727]ー[分からんAMPEX]ー[RCA MI-12182A] と、つないでみました。
で、機械の電源を入れてみましたら、[分からんAMPEX] のボリュームは絞りきってるにもかかわらず、アリストクラットから、「シャーーーーッ」 って感じの、ものすごく大きなノイズが出てきよりまして・・・・・。

思いっきり、ビビリながら、[RCA MI-12182A] の電源を、速攻で落としました。
「ありゃ、なんで?」 と、各機器のつながってるところを、もう一回ちゃんとハメて、再度 [RCA MI-12182A] の電源ON。
「シャーーーーッ」・・・・おんなじです。
面倒くさいので、これは、あっさり、あきらめて・・・・普通に、[STUDER A727]ー[分からんAMPEX]ー[BROOK 10C3]ー[RCA MI-12182A] と、つないでみます。


でけました。


[STUDER A727]ー[分からんAMPEX]ー[AMPEX 31560] の時には、[MCINTOSH AE-2] をはさまないほうが(はさんでも、普通に鳴るには鳴りました)うまく鳴ってくれたのに、[RCA MI-12182A] を使おうとしますと、[BROOK 10C3] をはさまんことには、普通に鳴ってくれません。

[RCA MI-12182A] には、ボリュームがついていないのですが、[AMPEX 31560] には、ボリュームがついています。
これが、関係あるんですかね~。
ま、ここは、なんでか分かりません。


[AMPEX 31560] の前に、[MCINTOSH AE-2] をはさんだときには、「ブヨブヨ」 になってしまいましたのに、[RCA MI-12182A] の前に、[BROOK 10C3] をはさんでも、ぜんぜん 「ブヨブヨ」 になりません。


[STUDER A727]ー[BROOK 10C3]ー[RCA MI-12182A] と、つないでおりましたときには、ちょっと緩い目の感じで鳴ってましたのが、[分からんAMPEX] をはさみましたら、ほどよく締まった感じになりました。
この感じだったら、アリストクラットの箱もビリつかないような感じです。
これまでCDを鳴らすとき、[BROOK 10C3] の BASSツマミは、常に最小というか、それ以下に持っていきたいくらいだったのですが、今なんかツマミを上げることもできます。

いやいや、ほんま、イイ感じですね~~!!

G600とアリストクラット、どちらも、かなり個性的な音を出してくれるスピーカーですので、同じアンプを使って同じCDを聴いても、ぜんぜん違ったモンとして聴くことができます。

SPも、LPも、CDも・・・・・ぜ~んぶ、普通に聴けてるんですけど・・・・これって、ひょっとしてスゴイことなのでは・・・・・ケラケラケラケラケラ~~~。








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。














[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-07-31 13:13 | Comments(0)

初SP盤 その③

a0154260_11133532.jpg

いつものように、作業にとりかかる前の写真は撮り忘れましたので、作業完了後の写真です。
移動前の [GRAY 108] のベース三点留めの一点は、[GRAY 106SP] が乗っかってる板に乗っけました。
なんで乗っけたかと申しますと、板の左端が、ちょっと浮いていたため、この先、きっともっと浮いてくると考え、その浮きをとめたかったと。

そんな、しょうもないことを考えてしまいましたので、今回のトラブルとなってしまいました。

で、一旦、[108] を、引き抜くために・・・・・三点のネジを、ゆるめて・・・・ゆるめて・・・・ゆるめて・・・・ゆるみません。

ぜんぜん、ゆるみません、びくともゆるんでくれません・・・・・。


なんで、ゆるんでくれないのか・・・・・それは、前回の [108] 取付け時、「力技で、ねじこんでやった」 からです。

んんんん・・・・結局、こうやって、自分のやったことは、ぜんぶ自分に返ってきてしまうんです・・・・・。


力技で、ねじこんだからには、力技でゆるめてやらねば仕方ありません。
ネジの頭がマイナスですので、ゆるめるのは、かなり大変。
この時点で、すでに、全身、汗、かきまくりです。
ついさっき、せっかく、シャワーで身を清めたのに・・・・・。

「オラ、オルァ~、オルァ~、回らんかい、コルァ~~、これでもかぇ、こんで、どうじゃぇ~~」
と、やってみますが、ほんまに回りません。
おらおら作戦は、どうも事態をもっと悪くしてしまいそうなので、作戦変更。

マイナスドライバーを、ネジの真上に持っていき、左手も右手の下に添え・・・・
「これで、どうですか、こんなもんで、どうでしょう、きれいに抜けてください、キュッキュッキュッ、あっ、もっとゆっくり、キュッキュッキュッゥゥ・・・・」
やっぱり、お願いするには、それなりの姿勢で臨まねばなりません。
下からの姿勢でいきましたら、ちょっと時間はかかりましたが、うまいこといきました・・・・。

やっぱり、引き抜くときには、ゆっくりやさしく、やってあげなければいけません。
これからは、入れるときにも、ゆっくりやさしくすることを覚えておかなければ・・・・・。


[GRAY 106SP] を、天板に据えるときも、天板に購入前から開いていた以前のアーム取付け穴が、ジャマをしてくれたのですが、今回も、やっぱり、ジャマしてくれました。

木板の上に、[108] を仮置きし、アームベースの三点の穴の上から切通しでキリキリ突いてやって、小さな穴を木板につけてやります。
なんか、ちょっと、アームが動いたような気もしましたが、「気のせいやろ?」 と、前に進めます。

切通しで突いた小さな穴を目がけ、電ドリをあてて・・・・
「ギュル~~~~~~~~~~~~~~ン、ガタッ、シュ~ン」

一つ目の穴開けで、もう、アクシデント!!
アクシデントというか、起こるべくして起こってるんですけど・・・・。
前回の、[106SP] 取付け時も、穴開け一つ目で同じことが起きました。
天板に、購入以前から開いている穴にドリルがとられてしまうんです。
何度か、やってみますが、結果は同じ。
必ず、以前の穴にドリルを持っていかれます。

でも、ズレは、ほんのちょっとだけですので、「ま、とりあえず、この位置で、開けてみたるか!」 と、ここはそのまま進めます。

2個目3個目は、すんなりと開きまして・・・・アームを木板の上に置き、ベースの穴と、木板の穴を合わせ、1個目スンナリ、2個目スンナリ、3個目入りません。
3個目、ぜんぜん入りません。
3個目っていうのが、さっき、ドリルが持っていかれた穴。

もう、どないしても、入らんもんは入りませんので、一旦、アームを引き上げます。
もう、ネジに対して力技は使えませんので、穴のほうを力ずくで・・・・・。

「よっしゃ、やったろうやないかぇ!」
と、ドリルが、必ず下に持っていかれますのでその上にドリルが進むよう、上に穴をあけてやります。
最初、木板を外して、同じ太さのドリルでやってみたのですが、やっぱり持っていかれますので、かなり細いドリルに付け替え、3、4個穴をあけて、ひとつの大きな穴にする作戦に変更。

「ギュル~~~~ン、ギュルギュルギュル~~~~ン」
これは、もう、あっさり、うまいこといきました。
三角に小さい穴が三つ開いたところで、太いドリルで三角の真ん中を 「ギュルルル、ギュルギュルギュルン」 と、やって終了。




a0154260_11134790.jpg

こんだけのことで、どんだけ時間かかっとんねん? てなもんでしたが、[RCA 70-D] の天板に大きなダメージは残しながらも、アームを取り付けることができました。

上の写真は、[106SP] がレコード最内周にかかったところです。
何の問題もありません。
ほんま普通のことですのに、かなり、うれしい・・・・。

で、もう一回、身を清めるのは面倒くさかったので、そのまま、SP盤を聴いてみました。

7、8枚、続けて聴いてみたのですが、コレは、ほんとイイですね~~!!

LP初期盤が好きな方だったら、ぜったいにSP盤の音を好まれると思います。
やっぱり、ものには 「流れ」 っていうもんがあるんですね~。
SP盤の音を普通に聴いてた人が、LP後期盤の音をいきなり作ったりはしませんわね~。

SP盤、ほんと、文句なしに素晴らしいです。
SP盤の時代って、ほんとに、豊かだったんですね・・・・。
こんなモン、僕が自宅で聴けてることが、ちょっと不思議な感じです。




a0154260_11135771.jpg

今回、「ひとりでできるもん」 とばかりに、一人で、やってみたのですが、僕は、やっぱり、一人でやってはいけないようです。
後世に残すべきモノが、残らなくなってしまいます。

ヨハネス先生、誠に申し訳ございませんが、今後ともご指導ご鞭撻の程なにとぞ宜しくお願い申し上げます。








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。














[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-07-30 12:47 | Comments(4)

初SP盤 その②

a0154260_10451430.jpg

「SP再生用のカートリッジに、何を使えばええんじゃろか?」

自分で、2、3の候補を考えてみたのですが、あんまりピンときませんでしたので、今回もやっぱりオススメいただいたモノで、いってみましょと・・・・・。


モノラル再生に特化しましてからというもの、ainacocoさん には、ほんとにお世話になっております。

ヤフオクに、ご出品されていた [GE VRⅡ] を、落札しましたのが、きっかけとなり、その後、プレーヤーまわりの節目節目で、かならずといっていいほど、助けていただいております。

[GE VRⅡ] の購入時・・・・
出品物はLP針とSP針がつけてありましたのを、自分は、SPを聴きませんので、どっちもLP針にしてほしいとお願いしまして、そのようにしていただきました。
自分にとって初めてのモノラルカートリッジだったんですけど、オークション質問欄から、鬼のように質問を繰り返し・・・・ほんとに、ainacocoさんは、いい方です。

[GE RPX-010] の購入時・・・・
それまで、パイプアームしか使ったことがありませんで、やっぱりオイルダンプを使ってみたいと思い、アームは [GRAY 108] に決定。
ここに、どんなカートリッジをつけてみようかと、またまたainacocoさんに相談。
で、オススメいただきましたのが、[GE RPX-010]
もともとはSP用のカートリッジですのに、チップを1ミルに交換し、LP再生用にされたところが、ものすごく気に入ってしまい、コレに決定。

[FAIRCHILD 281] の購入時・・・・
ずっと、パイプアームで [FAIRCHILD 225A] を使っていたのですが、やっぱり、[FAIRCHILD] のアームで使ってみたいと、ainacocoさんに相談。
お手持ちにはなかったのですが、少し時間をおいて、ものすごく状態のよいモノを探してきてくださいました。
[FAIRCHILD] は、見た目もかなり大事なところですので、状態の良いモノは、ほんとに高価。
でも、ほんとに納得価格で譲っていただきました。

その他にも、モーターマウントやチップ交換や、なんじゃかんじゃといろいろお世話になっております。
ainacocoさんのところで購入しないモノのことまで、いろいろ勝手に相談させていただいたり・・・・・。

今回の [GE RPX-050] 、いろいろ注文をつけさせていただきまして、そのいろいろな注文に応じる形でオススメいただきましたモノです。
お金がないやら、針交換がかんたんなモノやら、どうやらこうやら・・・・・。

でも、ainacocoさんって、プレーヤーまわり全般、なんでもほんとにお詳しいんですけど、あんなになんでも詳しい方って、なかなかおられないと思います。
ご商売も、ものすごく良心的ですし・・・・・オーディオのご商売をされている方とは、ぜんぜん思えません。

ainacocoさん、こんなとこ、ご覧になってはおられないと思いますが、いつも本当にありがとうございます。


で、その [GE RPX-050] で、ビリー・ホリデイを聴いておりましたら、演奏途中でエンドレス状態になってしまい・・・・・

「ギョエーーーーーーーーーッ!!」

先日、[RCA 70-D] に、ダブルアーム置きした写真を載せて、「カッコイイ!」 とイチビッておりました、あのアーム同士が、くっついてしまっとります。
[GRAY 108] のお尻に、[GRAY 106SP] の左サイドがぶつかってしまい、そこから先に進めなくなってしまってます。

「ありゃありゃありゃりゃりゃりゃりゃーーーー!!」

「こりゃ、あかんがな。 あ~あ~、また、やってもた・・・・。」


[GRAY 108] を据えるとき・・・・

「これで、バッチリ!! この間隔があったら、何の問題も無し!! すばらしい!!」
となって、SP盤をかけるまでは、何の問題もなくLP再生も快調そのものだったのですが・・・・・ま、結局、やっぱり、こんなこってす。
まさに、僕のやりそうなことが起こりました・・・・・。


「こりゃいかん、こりゃいかん、え~っと、え~~~、ヨハネス、ヨハネスっと~~!」

と、一旦は、電話をかけかけたのですが・・・・

(いや、待て・・・・こんなことで、ヨハネスさんに電話してもいいのか?)
(そうだ、これくらいのトラブルは自分で解決できるんじゃないのか?)
(いや、しかし、大事になってしまってからでは、かえってヨハネスさんにご迷惑をかけるのでは?)
(でも、ただ、穴を三つ開けるだけじゃないのか?)
(んん~~~、むむむむむ~~~)

三分くらい悩みましたが、電話をかけるのはやめました・・・・・。


よし、穴を、三つ、開けてみようじゃないか~!!




その③へ続く








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-07-29 12:08 | Comments(4)

初SP盤 その①

a0154260_2018149.jpg

本日午前、海外オークションで購入したSP盤の第一便が到着!!

SP盤専用のクリーナーでキレイキレイしまして、SP用カートリッジの到着に備えます・・・・・。

自分の予想では、今日到着するのではと思っておりましたカートリッジが、なかなか届きません。
午後になって・・・・ひょっとして、下の郵便受けに入っているのではと思い、見にいってみますと、これが、きっちり入っとります。

とりあえず、中身を確認し・・・・・なにせ、ウチでの初SP演奏ですので、それなりの構えで臨まねばなりません。

まずは、シャワーを浴びて身を清めねば・・・・・。


で、シャワーを浴び終え、海鮮系の臭いのしない清潔なタオルで、体を拭きあげ・・・・・。


届いた、[RPX-050] カートリッジを、[GRAY 106SP] のカーソルに取り付け、アームに装着します。
いよいよ、ウチでの、SP盤初演奏。
なにを、一発目にかけてみようかと、しばし考え、やっぱりSP盤なら、コレでしょう? と、ビリー・ホリデイのコロムビア盤を手にとりました。

いつもどおり、ターンテーブルを回したまま、レコードをテーブルに乗せます。
どこぞに、78回転では、テーブルが回ったまま針を落とすのは無理とか、回ったまま、レコードを取り替えるのは無理とか書いてあったのを見かけましたので、そんなもんかなと思っておりましたが、ぜんぜん、そんなものでなく、何の問題もなく普段どおり、針を落とすこともできますし、とりかえることもカンタンにできます。
どこで見たのか忘れましたが、なんのことやったんでしょうか・・・・・。

最初、針圧を10gでやってみたのですが、「ちょっと、どうかな?」 くらいの感じでしたので、針圧を12g、ターンテーブルシートを5mmから、3mmに替えてみましたら、そっちのほうが、どうも具合がイイ感じです。
このあたりは、追々、いろいろやってみないと、どのへんがバッチリなのかは分かりません。

ビリー・ホリデイ、聴いておりまして何の違和感もありません。
LP盤を聴いているときと全く同じ感じで聴くことができます。
ちょっと、拍子抜けな感じで・・・・・。

これまで、よそでSP盤を聴かせてもらったときの感じと、ウチで鳴ってるSP盤の感じは、ちょっと違うように思います。
これがいいのか悪いのか・・・・・ウチで聴くSP盤は、ほんと、LPのオリジナル盤みたいな音。
音は、ほんと素晴らしいんです。
でも、自分のイメージするSP盤とは、かなり違ってます・・・・・。

どっちが、ほんまの音なんでしょうか・・・・・。


蓄音機で聴くSP盤は別の話としまして、電気を使って聴くオーディオシステムでのSP盤は、ウチでの鳴り方でいいんじゃないかな~って、ちょっと聴いただけで、そんなん言うたらあかんのかも知れませんけど、でも、そう思ってしまいます。

ほんまに、音のパワーを直に感じられる音がスピーカーから出てきてくれます・・・・・。

片面、3分くらいで、せわしいちゃあせわしいんですけど、コレは、なんぼ、せわしいても、やっぱり聴きたいですわね~~!!


ビリー・ホリデイの片面途中で、演奏がエンドレス状態になってしまいました・・・・。

「あ~あ~、針飛びかいな~?」
と、プレーヤーに向かいますと・・・・・・


「ギョエーーーーーーーーーッ!!」



その②に続く








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-07-28 20:57 | Comments(6)

STUDERにAMPEXをかますの巻

a0154260_2159327.jpg

笑ける、笑ける、連日、笑けてしまいます・・・・・。

[AMPEX 5701R3] 購入時、いらんのに一緒にくっついてきた、[AMPEX] のなんか分からんモン。
僕は、それが何なのか、さっぱり分かりませんでしたが、とりあえずそれにくっついてましたトランスが、ひょっとしたらMC昇圧に使えるのではと、いつも整備をお願いしております方に、その分からんモンまるごとお預けしておりました。

数日前・・・・
「MC昇圧には使えないが、CDPのライントランス的な使い方で使ってやると面白いかも・・・・。」
と、ご連絡をいただき、それなら、それでお願いしますとなりまして・・・・・。
モノとしましては、ステレオ録音したものをモノラルで出すみたいなモンらしいです。


で、そういう使い方ができるように、イジッてもらったモノをウチで聴いてみました・・・・・。






a0154260_22515437.jpg

最初、[STUDER A727]ー[分からんAMPEX]ー[MCINTOSH AE-2]ー[AMPEX 5701R3]ー[AMPEX 31560] とつないでみたのですが、これはぜんぜんあきません。
以前、失敗に終わったときの、「プリープリ」 みたいに、ブヨブヨな音になってしまいました。

次に、[MCINTOSH AE-2] をとばした形でやってみたかったんですけど、[AMPEX 5701R3] の配線絡みで、断念。

仕方なく、[STUDER A727]ー[分からんAMPEX]ー[AMPEX 31560] とつないでみましたら、これが、ちょい聴きですが、どない聴いてもイケテる感じに聴こえます。

CDを数枚、かけかえ聴いていってみますが、これは、かなり、スゴイ!!
「分からんAMPEXがあるとき~」 と、「分からんAMPEXがないとき~」 の差がありすぎます・・・・。

どれくらいスゴイか、たとえて申しますと、[helen merrill / EMARCY] の、YMGスタンパーとそうでない盤くらいに歴然とした違いがあります。
[helen merrill / EMARCY] は、YMGスタンパーでないと、なんにも面白くありません・・・・。

この、ヘレン・メリル話を、今回のことに当てはめますと、[分からんAMPEX] がないと、ウチで聴くCDは、面白く聴けないことになってしまいます・・・・。


しかし、まあ、ウチに、[AMPEX] と名のつくモンが入りますと、いつもめちゃくちゃビックリさせられます。

[STUDER A727] を、「いつ売ろう、いつ売ろう・・・」 と、いっつも考えておりまして・・・・つい先日も、「もう、売ります!」 宣言をしたばっかり・・・・。
でも、この音を聴かされてしまうと、「もう、売ります!」 宣言は、なかったことにさせていただいときます。

なかったことと言いましたら・・・・
[分からんAMPEX] を、「あれ、たぶん使いませんから、38号に差し上げます。」 と、『モノちゃんズ 38号』 に、先日、申し上げたばかりで・・・・。

38号殿、思わぬことながらそんな次第となりまして・・・・先日、あのように申しましたが、当分はこちらで使わせていただきます。
誠に申し訳ございませんが、ご容赦くださいましまし。








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。














[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-07-27 22:55 | Comments(6)

使い分け

a0154260_2158537.jpg

SP用のカートリッジが届きましたら、2台のプレーヤーで、3本のアームを使ってレコードを楽しもうと企んでおります・・・・・。

[PRESTO 64A] には、[FAIRCHILD 281]
[RCA 70-D] には、[GRAY 106SP] と [GRAY 108]

で、3本のアームには4種類のカートリッジをあてがいます。

[FAIRCHILD 281] には、[FAIRCHILD 215A] と [FAIRCHILD 225A]
[GRAY 106SP] には、[GE RPX-050]
[GRAY 108] には、[GE RPX-010]

いい感じですね~~!!


[FAIRCHILD 215A] って、ほんとにキメの細かい、なめらか~な音を出してくれるんです。
このあたり、[220A] や [225A] とは、かなり違ってます。
僕のイメージする、「フェアチィルド」 って、[215A] が出してくる音そのものなんです・・・・・。

購入時には、「歪み」 がありまして、一旦、整備をお願いしました。
ダンパーが交換されて戻ってきたのですが、その後も、しばらくは歪みがあり・・・・・ダンパーが落ち着き、完調なるまでには少し時間を要しましたが、現在、素晴らしい音楽を聴かせてくれています。
[215A] が出してくれる音って、なかなか聴けない音のように思います。
こんなふうに、一切、荒さを出さず、音楽をきっちり聴かせるカートリッジって、そんなにないんじゃないんでしょうか・・・・・。

[225A] 、なんやかんやと増えてしまって、結局、3個持ってしまってます。
オークションにでも出せばよいのですが、きっと自分が適正と思える落札額とはならない気がして・・・・出せません。
[215A] と [225A] って、ほんとに、ぜんぜん違います。
[220A] と [225A] は、わりと近いように思うんですけど・・・・。

[225A] は、どんな音楽も、しっかり鳴らしてくれますので、その点は [215A] より、持ち甲斐があるように思います。
でも、あの [215A] でしか聴けない音は、ほんとに貴重なんですよね~~。


[GE RPX-010]、元々はSP用カートリッジなんですけど、チップをLP用に交換してもらい、LP再生用として使っております。
このカートリッジの音も、ほんとにいいんです。
これを使う前のモノラルカートリッジは、[GE VRⅡ] だったのですが、これは、もう、問題になりません。
圧倒的に、[RPX-010] がイイ!!
そりゃ、これ以外にも、もっと素晴らしいカートリッジはいくらでもあるかも知れません。
でも、そんなことをしておりましたら、キリがないので・・・・。


なかなか、「こりゃ、イイ!!」って思えるモノに出会うことは難しいことだと思います。
なので、「こりゃ、イイ!!」 と、なりましたら、よほどのことがない限り手放すことはありません。
僕が、しょっちゅう、モノを手放しているのは、よほどのことがあったから手放すことになっただけのことでして・・・・・。


[GE RPX-050]、このカートリッジ、今週中には手元に届く予定です。
SP再生用として購入しました。
アームは [GRAY 106SP] 使用を前提として、針交換の容易なモノとリクエストしましたら、コレをオススメいただきました。
SP用のカートリッジ、何を使えばいいのか、ぜんぜん全く分かりませんので、まずはコレを使ってみます。
ウチで聴くSP盤は、[RPX-050] の音が、とりあえずの基準となります。
これを基準として、追々、いろいろ試していくことになるのかも知れません。


これまで、いろんなカートリッジを使って、いろんなレコードを、いろんなお宅、いろんなお店で聴かせていただきました。
で、思うんですけど、なんで、外国製のカートリッジばっかりが、イイ音楽を聴かせてくれるんでしょう?
ま、カートリッジ以外の機械もそうなんですけど・・・・・。
ウチで使ってみた日本製のカートリッジも、よそで聴かせていただいた日本製のカートリッジも、ほんまにしょうもない音でした・・・・。
なんで、こんなに・・・・と思うほど、しょうもない音。
もちろん、日本製の機械、そのすべてを聴いてのことではありませんが・・・・。


4、5年前に、渋谷のオーディオ店主が・・・・
「日本のメーカーも、ここ数年のうちに、素晴らしいカートリッジをぜったいに出してきます。」
と、確信を持って仰っておられましたが、どうもそんなふうには、なっていないようです。
で、きっと、これからも、そんなモノは出てこないように思います。

なんでなんですかね~~・・・・・。







a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。
















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-07-26 23:17 | Comments(0)

LP聴くとき、SP聴くとき

a0154260_1326264.jpg

なんか・・・・戦闘機が格納庫に収められてるみたいで、カッコイイと思うのは、自分だけなのか・・・・・。

あんまり、見たことがない絵のように思います・・・・・。

そりゃ、こんな置き方をしましたら、[GRAY 106SP] は、使えないですし・・・・・。

でも、この置き方は、なんか分からんが、カッコイイ・・・・・。


[GRAY 108] で、レコードを聴いておりましたら、[106SP] の、どこがイヤやったかが、ものすごくハッキリしてきました。
[106SP] は、ど~も、スピーカーの奥の方からの音や、かなり上の方の音、下の奥底の音を出すのが苦手みたいです。
上下・前後の振り幅が、小さいんだと思うんですけど、そのあたりが、つまらないんでしょうね~。
でも、ひょっとしたら、[108] が、そのあたり、ものすごくウマすぎるのかも知れません。
細かい表現も、ものすごくウマく再現してくれますし・・・・やっぱり、[108] って、かなり良いモンなのでは・・・・・。

ま、どっちにしろ、ウチでLPを聴くぶんには、[106SP] は、もう使えないですね~~。



アームの据え位置を、どこにしようかと、ヨハネス先生と、いろいろやってみておりましたときのこと・・・・。

ここやったら、そこやったら・・・・ああでもない、こうでもない・・・・と、カートリッジをアームにつけたまま、手に持ったままでの作業ですので、針先が危険極まりない状態です。


そこで、ヨハネス先生が・・・・

「アームレスト、ないの?」

「あっ、あります、あります。」

「あるん?」
(あんねやったら、なんで、早よ出さへんねん?)

「これ、これ、早よ、出したらよかったですね~。」

「ここ・・・置いてみて・・・・。」

「あ~、でも、ここやったら、あれですし・・・こっちやったら、こうなりますし・・・どっちもどっちですね~・・・。」

「アームレスト、もう1個ないの?」

「あっ、あります、あります。」

「出して・・・きて・・・・。」

「は~~~い!」



で、アームレストが2個ありますと、こんなふうに置くことができることとなりました・・・・。


a0154260_13503556.jpg



アームレストは、ふたつとも、手作り感満載の自家製なのですが、でも、まあ、天板の上に、テイストの違う小物がゴロゴロしていて、それはそれで、おもろいっちゃあおもろい・・・・。

ほんとは、こんなにグチャグチャしてるの、キライなんですけど、ま、でも、これはこれでアリと思わなしゃないので、そう思い込むことにします・・・・。

これで、SP盤をかけるときには、[108] を奥のアームレストに置き、LP盤をかけるときには、[106SP] 横のアームレストに置く・・・・・できましたっ!! 今回も完璧です!!







a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-07-25 14:08 | Comments(7)

復活!! GRAY 108

a0154260_23593577.jpg

復活といいますか、なんといいますか、ただ使ってなかっただけのことなのですが・・・・・。

[GRAY 106SP] を、SP盤専用とすることに決めましたので、LP再生には [GRAY 108] を使います。


で、またまた、お忙しいのは重々承知の上で、ヨハネス先生 にお出ましをいただき・・・・[RCA 70-D] ダブルアーム計画の遂行にかかることとなりました・・・・・。

[108] を据えますのは、ターンテーブル奥と決めていたのですが、それより前にやらなければならないといいますか、やっていただかなくてはならないことが、たくさんあります。

まずは、アームケーブル製作と、プリアンプまでのヨハネケーブル製作。

アームケーブルには、先日、購入いたしましたベルデンの同軸ケーブルを使います。
傍から、かぶりついて見ていただけですが、このケーブルを、きちんとアームケーブルとして使えるようにするのは、かなり大変そうでした・・・・・。

で、次に、ヨハネケーブル製作、これは、もう何の問題もございません。
さすがに、「家元」、一切、そのお手元に、迷いというものが感じられません。

で、次は、アームケーブルとヨハネケーブルをターミナルを介さず 「直接圧着」 いたします。
当初は、ターミナルを作る予定だったのですが、[70-D] の天板にターミナルを設置する場所が確保できず、「直接圧着」 となりました。
でも、僕としましては、こっちのほうが良かったのではないのかなと思ったりしております。

で、[106SP] から、[GE RPX-010] カートリッジをはずして、[108] に取り付けます。
ここは、僕も参加させていただいたのですが、結局は、先生に二度手間をお願いするハメに・・・・。

で、アームベースの穴あけ。
[RCA 70-D] の、アームを据えやすい場所は、もう結構穴だらけで・・・・その上に板を置いて、その上から穴あけを試みたのですが、もともとの穴が、きっちり干渉してきてくれまして、なかなかうまくいきません。
なかなかうまくいかなかったので、最後は力技で、ねじこんでやりました・・・・・。


とりあえずは、これで、音が出せる状態となりましたので、「いっぺん、音を出してみましょう!」 となりまして・・・・・。


針圧も何も関係なしで、音を出してみたのですが、これが、すこぶるいい感じで・・・・・いやいや、ちょっと待て、そんなに簡単に喜ぶなという自分もいるにはいましたが、そうは言われましても、もうすっかりウカレモードに突入しておりましたので、ちょっと待てと言われましても、もう止まりません。

時間も時間でしたので、あまり大きな音では聴けなかったのですが、その音量でも十分にイイ!!
ケーブルも新品状態ですので、もうちょっと時間が経てば、もう 「ウヒョウヒョ」 状態になってしまうのでは・・・・。


やっぱり、ウチでのLP再生に限った話で申しますと [GRAY 106SP] よりも、[GRAY 108] のほうが断然イイです!!

[GRAY 108] で聴く、レコードの音は、すごく楽しいです!!

この違いは、たぶん、豚まんがあるとき~と、ないとき~の違いぐらいは、あると思います・・・・。


[106SP] は、職人肌。
[108] は、芸術家肌。
なんとなく、そんなふうに感じます。

[106SP] 、音が安定しますし、じっくりは聴けるんですけど、気持ちが踊ってくれないんですよね~~。
僕は、音楽を聴いて、楽しくなったり、うれしくなったりしたいんです・・・・。
なので、ウチでのLP再生には、[GRAY 106SP] って、合ってないみたいです。


ヨハネス先生、今回も、その前も、その前の前も、その前の前の前も・・・・いつもいつも、ほんとにほんとにありがとうございます。
ご迷惑ばかりを、お掛けしておりますが、今後ともなにとぞ宜しくお願いいたします。

あ~、でも、こんなに、楽しく気持ちよく音楽を聴くことができて、ほんとにうれしいです。
ヨハネス先生、本当にありがとうございます。







a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-07-25 00:07 | Comments(4)

こぶしレスト

a0154260_12215475.jpg

[RCA 70-D] に、[GRAY 108] 据えようと思っているわけなのですが・・・・・。

そうしますと、アームケーブルのターミナルをこさえないといけません。
なので、またまた東急ハンズで木片を購入してきました。
そこまではよかったんですけど、プレーヤーの上に乗っけるところがありません・・・・・。

ランプやなんやかやが置いてありますので、もうターミナルを設置する場所はなかったんですね~。

購入前に気がつけばよかったのですが・・・・いつものことながら、情けない・・・・。


で、せっかく買ったので、どっかで使えんかな~と、あたりを見回しましたら、めちゃめちゃいい使いどころを発見!!


[RCA 70-D] には、「こぶしレスト」 があるのですが、[PRESTO 64A] には、「こぶしレスト」 がありません。

[70-D] の場合、「こぶしレスト」 がありませんと、自分の手及びカートリッジの針が非常に危険なのですが、[64A] は、なくても、そんなに危険ではありません。

ま、でも、「こぶしレスト」 があったほうが、針を落としやすいのは間違いありません。


「こぶしレスト」 がありませんと、10インチ盤をかけるとき、非常に針を落としにくいです。
落とせんことはないんですけど、12インチに比べて落としにくいのは間違いない・・・・。

それでも、これまで、それでやってきたわけですから、別になくてもいいっちゃあいいんですけど、せっかく木片が余ってるんですから、とりあえず、そこに置いて使ってみました・・・・・。


そこに置いたときの見栄えはともかく・・・・・そこにあったら、やっぱり、ものすごく針を落としやすいです。

そんなもん、となりに [70-D] があるわけですから、「何で今まで分からんかったんじゃい!」ってなもんですが、なぜか今まで思いつきませんでした・・・・・。

10インチはもちろん、12インチ盤をかけるときでも、「こぶしレスト」 は、ぜったいにあったほうがいいですね~~!!

あまりにも見栄えが悪いので、もうちょっと見栄えのいいモンを探してみなければいけませんが、しばらくはこのままでいっときます。
今まで、気づかんかったことが、ほんとに不思議なんですが、コレは、別にギヤドライブだけじゃなく、他の16インチプレーヤーでやってみましても、ぜったい便利だと思います。

16インチプレーヤーをお持ちの皆さ~ん、もうすでにそんなことご存知かも知れませんが、「こぶしレスト」、いっぺんやってみてくださ~い、すんごくいいですよ~~!!
ほんで、「16インチ~'S」 に未加入の方~、これを機会に、ぜひ、ご加入くださ~~い!!

入っても、なんのメリットもありませんけどね~~。








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。














[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-07-24 12:48 | Comments(2)

不安定好き

a0154260_1012176.jpg

[GRAY 106SP] を使い始めて、およそひと月・・・・・。

最初のうちは、ぜんぜん腰が据わらん音で、困ってしまってましたが、[AMPEX 5701R3] が入りまして、ようやく、ちゃんと聴けるようになりました。
ちゃんと聴けるようにはなったんですけど、やっぱり、なんか違う・・・・。


すごく安定してる感じで、それはそれで、アリなんです・・・・アリなんですけど・・・・・。

なんか、ジャズが楽しくないんですよね~。
落ち着いてしまうというか、大人しいというか、一本調子というか・・・・。
でも、これで、いいのかも分からんというか、なんというか・・・・。
じっくり聴き入ってはしまうんですけど、それでいいのかどうなのか・・・・。

ま、とにかく、自然と体が動きだしてしまうような音は出てきません。

なので、なんか、イヤなんですよね~~。



以前から、SP盤には、ものすご~く興味があったのですが、なかなか、そこにいくには自分的にかなり根性がいりまして・・・・・。

でも、せっかく、ギヤドライブを持ってることですし、やっぱり、SP盤もいってみようと、いろいろ準備を進めております。

で、SP盤を聴くのに、どのアームを使おうかと考えてみたのですが・・・・・。

[FAIRCHILD 281] を使えば、LP・SPのカートリッジ交換が、とてもカンチンですので、そうしようと思ったのですが、フェアチャイルドのカートリッジは、そこそこ高価ですし、SPカートリッジのチップ交換が頻繁に必要となれば、その費用もかさみます。
それなら、フェアチャイルド以外のカートリッジを使えばいいようなもんなんですけど、[281] には、やっぱりフェアチャイルドを使いたいので、この案は無し。

そうなりますと、あとは、[GRAY 106SP] か [GRAY 108] のどちらかを使わねばなりません。

だいたい、[106SP] って、もともと 「SP」 って、ついてますし・・・・普通に、SP盤に使えば一番良いのではとも思います。
78回転って、あたりまえですけど、33回転よりメチャメチャ高速回転です。
あの高速回転になら、[106SP] でLPを聴いたときの安定した音が、いい感じとなるのではと感じます。

で、[108] は、ええかげんなおもろい音を出してくれますので、LPに [108]、SPに [106SP] 、こんでいいんじゃないんでしょうかね~~!!

SPカートリッジは、最初、[GE RPX-010] を考えていたのですが、チップ交換のことを考えますと、ちょっとしんどいので、とりあえず針交換の容易なモノでいってみたいと思ってます。


あれやったら、これやったらと、出てくる音を、勝手に想像してるんですけど、実際、そうしてみたら、想像したものとは全く違うことになるかも知れません。
でも、まあ、やってみてアカンかったら、また他の方法を考えてみます。

とりあえず、SP盤、ウチで聴けるようになるのが、すごくうれしいです!!








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。













[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-07-23 10:51 | Comments(2)