<   2010年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

出た!!

a0154260_10351344.jpg

アームを [GRAY 106SP] に変えてから、ど~~~も、しっくりきません。
ぜんぜん悪くはないんですけど、なんか、しっくりきません。
自分の、欲しい音は [GRAY 108] を使っていたときのほうが、がっちり出てまして・・・・・。

いろいろ、やってみまして、いいところまでは持ってこれたんですけど、やっぱり、なんか、しっくりこない。
ほんで、まあ、「ココとちゃうかな~」 と、思いましたところが、アームのケーブル。

[106SP] のケーブルは、たぶん、オルジナルそのままのモノ。
普通にいきましたら、それを使いたいところなんですけど・・・・・。

[108] に使っておりますケーブルは、オリジナルのモノではなく、岡山のおっちゃんオススメ品。
ケーブルのせいなのか、[106] と [108] の違いなのか・・・・現状の [106] で聴く音だったら、[108] のほうが、ぜったいにイイ。


[106] のケーブルは、ものすご~く、きっちりと編まれています。
で、この、「きっちり編み」 を、もうちょっと、ええかげんに編み直そうかとも思ったのですが、それも結構、大変そう・・・・。


ここは、やっぱり・・・・

ヨハネス先生 に、[106] と [108] のケーブル交換をお願いしました・・・・。


僕の窮状をお聞きくださり

「ほんなら、やりましょか・・・。」

と、ご自分のなさりたいことは、ぜ~んぶ、あと回しにされ・・・・・ほんとに申し訳ございません。

僕が、無理ばかり連発でお願いしますので、ご自分のなさりたいことが、どんどんどんどん先延ばしになってしまってます。

僕も、もうちょっと、ちゃんと考えないといけません・・・・・。

ま、でも、もうちょっとだけ、そこをなんとか、もうちょっと・・・・・。

ヨハネス先生、いつもいつも本当にありがとうございます。



で、ケーブルを交換していただきました [106SP] で、今、レコードを聴かせてもらってます。

文句なし、ほんとに素晴らしいです・・・・・。



[106SP] のオリジナルのケーブルで聴いてますと、ものすごく丁寧な音で、それはそれでいいと思うんですけど、どうも力感に欠けるというか、熱を感じないというか、品がよすぎるというか、なんか来るモンが弱いように思うんです。

今回のケーブル交換の結果は、ほんとに素晴らしい・・・・。
僕が感じていた [106] の丁寧な音は、ほぼそのままに、熱気ムンムンが加わってくれました。

[106SP] って、「音が前に出てくる」 「迫力満点」 みたいによく書かれていたりするのですが、オリジナルのケーブルでは、ぜんぜんそんなふうには感じられませんでした。
僕が、感じることができたのは、とにかく丁寧で安定した音。

熱気とか、迫力みたいなモンは、ぜんぜん感じられませんでしたね~。

ま、ウチで僕が聴いた感想ですので、ヨソでなら、もっともっとイイ感じで鳴ってくれるのかも知れません。


アームにしてもなんにしても、ちょっと何かを変えてみただけで、ぜんぜん感じが変わってしまいます。
昔の機械の評価とかって、ほんまに難しいと思います。
ま、なんでも自分で実際に聴いてみないと、なんにも分からんってことなんですかね~~。







a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-06-29 11:28 | Comments(0)

しかし、まあ・・・。

a0154260_224194.jpg

ありささん が、[RCA 70-D] の完全整備を、ご自分で行われているわけなのですが・・・・・。

しかし、まあ、これが、スゴイ!!

なんで、あんなことが、できるんでしょう・・・・・。


オーディオの売買や整備を生業としている方で、あっこまで、できる方ってどれくらいおられるんでしょう?
僕は、5人もおられないように思います・・・・・。

オーディオ関係でない方を合わせたとしましても、何人の方が、あっこまでできるもんなんでしょう・・・・・。


こんな貴重な情報を、タダ貰いしてよいものなのかとも、思ったりしておりますが、ここはやっぱり貰っておかなければと、きっちりページまるまる保存でいっとります。
そうしておきませんと、貴重な情報はあっさり消されてしまいます・・・・・。



で、ありささんが、[RCA70-D] のギヤボックスのオイルについて書かれておられたのですが・・・・・。

僕が、[RCA 70-D] を整備に出しましたとき伺った注油ポイントは、二ヶ所のみ。
あとは、このへんに、グリスをちょちょっと・・・・みたいな感じでした。

「ほんまに、そんだけ~?」 と、ちょっとは思っていたのですが、「ま、プロが、言うてはんねやさかい・・・・。」 と、伺ったポイントだけを、やっとりました。

しか~し、それが、ありささんの整備録を拝見しておりますと、ぜんぜん違ってます、おもっきり違ってます。

「このネジ、なんのためについてんねやろ~?」って、思ってたところは、やっぱり意味があってネジがあったんですね~~。
こんなん、ありささんが、やってくださってなかったら、二ヶ所に注油して、あとはグリスをちょちょいとやってただけですので、来年くらいには、もうアカンかったかも知れません。

このあいだも、書かせてもらったんですけど、「プロ」ってね~~~。



で、とりあえず、自分だけで出来るところのギヤボックスへの注油をやってみることに・・・・・。

ありささんに教えていただいた、注油箇所のネジを外そうとしますと、上に障害物がありまして、ドライバーが入りません。
極短のドライバーでも無理。
仕方がないので、ホームセンターでラチェットドライバーを買ってきたのですが、それでも無理。
ビットだけなら、なんとか上からの干渉を避けて、マイナスネジに、はまります。

「でも、こんなん、手だけで回るか・・・?」 と思いながら、とりあえず回してみると・・・・カンタンに回りました。

きっと、前に整備した人も、回すのが大変だったので、軽く締めときはったんでしょうね~~。

ま、おかげで、助かりました・・・・・。


で、オイルを足していきます。
ほんとは、前から入ってるぶんを全部抜いてしまいたいところですが、それは、かなり大変そうなので、とりあえず足します。

手持ちの 「精密オイル注し」 で足していきます。

どれくらい足せばよいものか全くわかりません。
とりあえず、足していきます。
ま~るい粒が精密オイル注しの先端から落ち、ギヤボックスの小さい穴に吸い込まれていきます。

いち、に、さん、し、ご・・・・・とりあえず、面白がって数えだしたのですが、ぜんぜんなんぼでも粒は吸い込まれていきます・・・・・。

ひゃ~く・・・・・とりあえず、手も痛くなってきましたので、100粒で一回休憩。

「なんぼ、入りよんねん?」 とおもいながら、再開。

ひゃくいち、ひゃくに、ひゃくさん、ひゃくし、ひゃくご・・・・・200粒で、また休憩・・・・・。


ま、今日のところは、230粒で、カンニンしといたりました。


で、もとどおり、ネジをかる~く、締めて・・・・スイッチ、オン。

普通に電源を入れただけでは、変化が感じられません。
でも、これで、レコードを聴いたら、なんか変わってるかもしれません。

レコード、明日、朝から聴いてみましょー!!
スピーカーから出てくる音には、なんか変化があるかも知れません。
う~ん、楽しみ、楽しみ・・・・・。








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-06-28 22:07 | Comments(4)

GRAY 106SP その③

a0154260_1153428.jpg

ほんとは、先が割れていないモノが欲しくって、なが~い間、入手を見送っておりましたのに、ふぐりちゃんがついたことによる相乗イメージで、「イイ」 となり・・・・・。

で、[GRAY 106SP] を [RCA 70-D] に取り付けました後、早速、レコードをかけてみますと、ど~も違います・・・・違和感満載。
で、シートを5mmから3mm、3mmから2mm、2mmから1mmと立て続けに交換し、聴いていきますが、ど~も違う。
とりあえず、シートを一旦5mmに戻し、針圧を確認してみると、1.2g下がっておりました。
「これやこれや」 と、元の7.8gに戻しましたが、これも、ど~も違う。
シートを3mmに交換、今度はなんかしっくり感があります。
で、2mm、1mmと試してみますが、これは、ぜんぜん違う。


そこで思い出しましたのが、ヨハネス先生がお帰りになられる前に言い残されていかれたお言葉・・・・。

「針圧や、イコライザー、いろいろ調整しなおさんとあかんと思いますけど頑張ってください・・・・。」


針圧はともかく、なんでイコライザー・・・・と、そのときは思っていたのですが・・・・・。


シート厚は、3mmでイケる感じです。
というか、3mm以外は、どれもアキマセン。

でも、それでも、[108] のときの音のほうが、ずっと面白い・・・・・。

[106] で聴いておりますと、「安定感」 「美しさ」 みたいのものは、すごく感じることができるんですけど、面白さを感じることができません。
なんか、音が、もっともっと弾んでほしいんですよね~~。

そこで、ここまで針圧7.8gで聴いていたのを、ちょっと動かしてみることに・・・・・。


とりあえず重くしてみたのですが、ますます、音が安定してしまいます。
これはこれで 「アリ」 なんでしょうけど、これは、やっぱり面白くない。

で、今度は軽くしてみます。

針圧7.7g・・・・あんまり、変わりません。

針圧7.6g・・・・おっと、やっと弾んでくれた~。

針圧7.5g・・・・なんか、もひとつ。

7.6gしか、ありません・・・・・。


[GRAY 108] のときには、シート厚5mm、針圧7.8gで、イイ感じでした。
でも、針圧を前後0.2gくらい動かしても、そんなに音の変化は感じられませんし、シートを3mmにしましても、「なんでやねん!」 くらいには変わりませんでした・・・・。

それが、[GRAY 106SP] では、シート厚3mm、針圧7.6gで、イイ感じ。
こっちが、ややこしいのは、シートの厚みは3mmでないとあきませんし、針圧は7.6gでないと音が弾まない・・・・。

でも、まだ、これでも、ど~も違う。

音が平板というか、軽いというか・・・・なんか、おもろない・・・・・。


「あっ、そやそや、イコライザー・・・・」 、[MCINTOSH AE-2] の、イコライザーを調整するのをすっかり忘れとりました。

まず、下を厚目に・・・・・ふむふむ、イケテる・・・・・上も、厚目に・・・・・ふむふむ、イケとる。

だいたいのイイ感じをつかみ、ツマミを細かくイジッていき・・・・・キマリな感じですね~~、キマリキマリ!!



[106SP]って、ものすごくシビアなんでしょうか。

それとも、[108] が、アバウトすぎるんですかね~~。


音以外に、明らかに 「ココが違う」 というところが、ありまして・・・・・。

[108] でレコードをかけておりますとき、プレーヤー台に外から大きめの振動が伝わったとします。
でも、たいていの場合、[108] はその振動をものともせず、ビクともしません。

それが、[106SP] の場合には、振動がきますと、即座に、「ツツーーーッ」 と横に流れてしまいます・・・・なんか、イヤ・・・・。


ま、それにしましても、シート厚3mm、針圧7.6gで聴く、[106SP] の音・・・・これは、素晴らしい!!

なんとか、出てくる音で、イヤなところを見つけようとしてみるのですが、これがなかなかにむつかしい・・・・・。

あまりに、この音が素晴らしいので、即、3mmグリーンシートを発注。

以前、1mmグリーンのシートを [RCA 70-D] に乗せてみたところ、どうにもその色合いがカッコよかった印象がいまだに残っておりまして・・・・3mm厚やったら、ぜったい、もっと、カッコイイと思うんですよね~~!!



でも、自分的には、[108] で聴いていたときの音は、「もっと良かったように思ったりするんです。」 みたいなことを、ヨハネス先生と、昨日もコメントをくださいましたKTさん にお話ししましたら、お二方とも、「それは無い・・・・。」

僕は、ちょっとプレーヤー台にモノが当たったくらいで、「アームが横にスベッていくなんて・・・・」 と思っていたのですが、どうもそうではないらしい・・・・・。

お二方が仰っておられましたのは、「感度がイイから、スベる・・・・」みたいなことだったと思うのですが、ま、どっちにしましても、横すべりの件だけをとりましても [108] より、[106SP] のほうがモノとしては上だそうです。
ま、そりゃ、僕が見ましても、モノの 「作り」 が、ぜんぜん違いますし・・・・・。


なぜか、[108] より、[106SP] が出してくる音のほうがイイということを、あんまり認めたくない自分がいます。
[GATES CB-500] 導入時の、アーム選択を誤ったか誤ってなかったかみたいなところが、引っかかるんですかね~。
ま、そんなことを今さら考えても仕方ありません。
[CB-500] と [70-D] では、違う結果が出るやも知れませんし・・・・。

あ~あ~、でも、こんなに良かったら、先割れじゃないモンが欲しいな~~!!








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。
















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-06-26 02:43 | Comments(4)

GRAY 106SP その②

a0154260_13594081.jpg

で、ようやくウチにたどり着き・・・・・。

早速、作業開始。
ヨハネスさんが、「ふぐり」 をつくるために 「ふぐりのもと」 にテグスを通してくださり・・・・



a0154260_14015.jpg

オモリとしたい根元のところにテグスを巧みに使い取り付けていきます。



a0154260_1403990.jpg

装着完了!!
まさに、ふぐり・・・・ネコみたいです。


この 「ふぐり」 のおかげで、ウエイト調節が自在に行えるようになりました。
これで、どんなカートリッジを持ってきたとしましても大丈夫。

ふぐりさん、ありがと~。

ヨハネス先生、誠にありがとうございます。


ここまでの作業、僕はほとんど何にも役に立っていません。

ここから、アームベースの穴あけ作業、やっと僕でも役に立つときがきました・・・・・。

アームとプラッターの高さを合わすため、アームベースの下にゴム板を敷きます。
プレーヤー台への穴あけは、きっちりうまくいけたのですが、貫通させたボルトにナットのサイズが合いません。
「そんなはずはない」 と、ものすごく、ギュッとしめてみますが、やっぱり回ってくれません。
仕方がないので、ナットを買いにホームセンターへ・・・・・。

毎回、なにか、ウチで作業をすることになったとき、必ず、作業途中、ホームセンターやゴルフショップやマクドナルドなんかに走るハメになります。
ほんまに毎回、そんなことになりますが、なんでなんでしょう・・・・・不思議です。


で、ナットを持ち帰り、ボルトにハメて・・・・今度は、バッチリ!!
プレーヤー台に開いた穴の上にゴム板をあて、プレーヤー台にもぐりこみ、穴の下からドリルを突っ込み、ゴム板に穴を開けていきます。

[RCA 70-D] には、レコードの上にアームを持っていくときに、こぶしの小指下外側をのせるための、「こぶしレスト」 が取り付けられています。
でも、この 「こぶしレスト」 は、[RCA MI-4875G] 用ですので、それ以外のアームを据えて、この 「こぶしレスト」 を使いたいとしましたら、アームの位置を工夫しなければなりません。

で、ヨハネス先生に工夫していただくことに・・・・・。
僕がアームに指をかけレコードに持っていくしぐさをしながら、「こぶしレスト」 が自分に一番イイ位置にくるよう、ヨハネス先生にオーバーハングをとっていただきながらアームベースを動かしてもらいます。

こんな、しょうもないところには、ちょっとこだわってしまったりしますので、なんべんもなんべんも、ヨハネス先生に位置調整をお願いしまして・・・・ようやく、取付完了!!


a0154260_1404617.jpg

画像左手前、グレーの四角いのが 「こぶしレスト」 です。


出てくる音は、どんなんなのか、ちょっとまだ分かりませんが、プレーヤーベース上での見映えはとてもイイ感じです。

しかし、アームの先っちょは割れていて、根元には∞・・・・う~~ん、イイ!!

その③へつづく。








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-06-24 15:06 | Comments(5)

GRAY 106SP その①

a0154260_10185817.jpg

以前、使っておりました [GATES CB-500] 導入の際、そこに据えるアームを [GRAY 106SP] か [GRAY 108] のどっちにするかで迷い・・・・結果、[108] を据えていたわけなのですが・・・・・。

一旦、[106] をあきらめたときから、ずっと、「106って、どんな感じで鳴ったんやろうか・・・」って想いがあり・・・・・機会があったら、[106] を手に入れようとずっと思い続け、先日ようやっと入手。

手に持った感じは、自分のイメージしていたものと、かなり違います。
自分のイメージでは、もっと、「ずっしりがっしり」 だったんですけど・・・・実際は見た目よりも、ぜんぜん 「軽く」って、ぜんぜん 「がっしり感」がありません。

なんか、もう、この手に持った時点で、ちょっとイヤになりかけてまして・・・・・。

まあでも使ってみなくてはと、カートリッジを取付け、針圧をとろうとしますと、ぜんぜん、もっていきたい針圧にもっていけません。
ま、だいたいSP用のアームですので、こうなるんとちゃうかな~とは思っていたのですが・・・・・。

で、ウエイト調節部あたりを、いろいろやってはみたのですが、ほしい針圧はとれても、せっかくついてるウエイト調節部が、うまく使えないみたいなことになりまして・・・・もう、自分の手には負えない段階となりましたので、ヨハネス先生 に連絡。


これこれこうで、バランスがとりにくいとの旨、お伝えしますと、少し、お考えになられた後・・・・・

「ふぐり作戦でいってみようか・・・・。」

(ん、ふぐり??? 今、ふぐりって言いはったよな・・・・えっ、ふぐりって、あの・・・・えっ、まさか、あのお上品なヨハネスさんが、ふ・ぐ・り・・・・??)

「えーと、あーっと、ふぐりですか?」

「うん。とりあえず、釣具屋さんに行きましょう!」


で、釣具屋さんなのですが、これが、なかなか、釣具屋さんに行き着くことがままなりません。
一軒目は、定休日。
二件目は、閉店。
三件目、存在はしているのですが、外から見ただけで、たぶん目当てのモノはないじゃろうとパス。

この時点で、当日の集合時刻から3時間を経ています。
こんなことしてたら、当日中に作業が終了しません。

なので、ちょっと遠くの大型釣具店へ向かうことに・・・・・。

最初っから、こうしといたらよかった~と、ゲラゲラ笑いながら、目当てのオモリコーナーへ。
2,3列のシマを回って、ヨハネスさんの足がとまりました。

「あった。」

「あっ、ありました? どれです?」

「これ。」

「ぬぉ~~!」
(まさに、ふぐり。 ふぐり以外の何物でもない・・・・。)

「大にする?中にする?ニャハハハ・・・・。」

ヨハネス先生、かなり喜んでおられます。

「ま、ここは、やはり、大で!! ケラケラケラ・・・。」


結局、「大」 も 「中」 も購入。

これでようやく、取付作業にかかれます。


で、やっとのことで、ウチの駐車場に、バックで車を入れようとした、まさにその時・・・・・

「マックシェイク、飲みたいなぁ・・・。」

(またか・・・また、これが出たか・・・もう、ここまできたら、何時に始めようがもういっしょじゃ・・・・しかし、なんで、もうちょっと早よ言うてくれへんねん・・・・。)

「いいですね~~!! 行きましょう!! マックシェイク!!」


で、マックシェイクと、追加リクエストされたポテトを買い、ようやく、ウチへ・・・・・その②へつづく。








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。














[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-06-24 11:27 | Comments(2)

「おもろい」

a0154260_11522556.jpg

ありささん が [RCA 70-D]の整備 を、お始めになられたわけなのですが・・・・・。

まあ、しかし、皆さん、ほんとに、スゴイです。


ありささん は、なんでも、作ったり、直したりしてしまわれますし

ヨハネスさん は、アイドラードライブ、ギヤドライブプレーヤーの整備をやりまくりですし

ごんたさん は、「フォノイコミュージアム館長」として、ターンテーブル回しまくりですし

ODさん は、色、塗りまくりです・・・・・。


ほんまに、皆さん、スゴイ!!


やってることが面白い方って、実際に会ってお話しさせていただきましても、やっぱり、めちゃめちゃ面白いです。
そりゃ、面白い方じゃなかったら、面白い事なんてできませんわね~~。



ブログ・・・・どっかに、おもろいブログありませんかね~?
「オーディオ」 「レコード」 「ステレオ」 なんかで、検索してみましても、ぜんぜん見つかりません。
毎日、7軒のブログ散歩先を、ぐるんぐるんぐるんぐるん回りまくり・・・・一軒あたり20回は回ってます。
7軒以外にも、チラッと覗きに行かせてもらうところがあるにはあるのですが、おもろい話が無いんですね~。



「おもろい」といえば、これまで行かせてもらったオーディオ店で、ここは面白いな~と思ったお店は、3軒。
で、やっぱり、その3軒の店主が、三方とも面白かったです。
中でも、1軒の店主は強烈でしたね~~、めちゃめちゃ強烈。
なので、そこに置かれてるモンも、ほんまに強烈でした・・・・。

おもろい人のとこには、おもろいモンがいっぱいあるし、おもろない人のとこには、おもろいモンはほとんど無い。
ま、そら、そうですわね~、そんなもん、普段の生活でも、商売でも、そんなに変わるわけがない。

おもろい音楽喫茶、おもろいオーディオ関連店、おもろいアンティーク家具店・・・・そんなん固まってる場所が存在したら、僕は、その場所に入りびたりです。

誰か、そんなん、作ってくださ~~い!!








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。
















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-06-22 13:01 | Comments(4)

V.A.盤

a0154260_15522553.jpg

V.A.盤とか、A・B面で違う人の演奏とか、そんなレコードって、これまで敬遠してきたんですけど・・・・・。

なんか、この頃、そのへん、どうでもよくなってきました。
だいたい、僕は・・・・
どっかの喫茶店に入ったとしまして、店内にジャズが流れている・・・・
そのかかっている曲は耳にしたことがあるとして、その曲名も演奏者も、知らない、覚えてない・・・・
ま、こんな感じがほとんどの場合です。

よく、BGMにかかっている音楽を聴いて、「これは、だれそれ演奏の、なんじゃらいう曲ですわ。」みたいに、言い当てる方がおられますが、ほんまにスゴイな~と思います。

僕は、演奏者はともかく、曲名なんて、ぜんぜん覚えてません。
そもそも、そこに興味もないからなのですが、そういう感じですと、いろいろ困ったことに出くわします。

レコード屋さんなんかで、「ほれ、あの、なんじゃらいう曲、え~っと、ラララッララ~♪って感じの・・・・」 と申しましても、たいていの場合、相手に分かってもらえず、目当てのモンは手に入りません。

サックスが2本入ってるレコードで、今、どっちの人が吹いてるかなんか、分かった例がありません。

こんなんで、高いレコードを買っても仕方がないように思うんですけど、それは、それ・・・・。


だいたい、音楽を聴く姿勢がなってません。

きちんと椅子に腰を掛け、目を閉じ、腕組みして・・・・こんなふうに聴けないから困ります。

レコードに針を落として、コーヒーを淹れにいき、パソコンさわって、そのへんに落ちてる小さいゴミを拾って・・・・そんなんしてたら、もう片面終了~。



こんな具合でしか、よう聴きませんので、ぜんぜん集中してないし、する気もない・・・・・。


「僕は、今、この演奏者の、この演奏が聴きたいんだ・・・・。」

「なんだ、この演奏は、彼がやりたかったのは、こういう事だったのか・・・・。」

「今の音は、マクリーンだな・・・・フフフ・・・・。」


こんなふうに、思ったことも感じたことも、これまで一回もありません。


結局、楽しく聴けて、面白かったら、そんでいいんですね~~。
何ちゅう曲とか、誰が演奏してる、みたいなことは、あんまり重要ではないようで・・・・。

だから、ぜんぜん分かりもせんクラシックも楽しく聴けるんでしょうね~~。
でも、楽しく聴けないのも、たまにはあります。

自分が 「イイ!」 と感じる音で、音楽を、楽しく面白く聴く・・・・・これは、ほんとに、幸せいっぱいの時間です。








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。














[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-06-21 16:25 | Comments(0)

舶来モン

a0154260_5414337.jpg

先ほど、仕事から戻りまして・・・・帰宅が早朝となりました日は、かならず、ビールをいただきます。
結構、疲れているところにアルコールが入りますので、かな~り心地よい・・・・・。

僕が子供の頃・・・・舶来モンは高級品・・・舶来モンは、たま~に、お土産でいただくもの・・・舶来モンは普通の家には無い・・・・そんな感じだったと記憶してます・・・・・。

ほんと、「舶来モン」って、憧れでした。

その感覚が、自分の中に染み付いてしまっているのか、オーディオに関しましては、「絶対舶来主義」 のような気がしてます。
理由もなく、ただイメージで、そうなっているわけではありません。
僕がこれまで聴いた日本製の機械が、どうにも面白くなかったのに比べ、「舶来モン」 は面白い・・・・なので、ウチの機械は、結果ぜ~~~んぶ 「舶来モン」

値段が、高い安いの話ではありませんのです。
出てくる音が面白いか面白くないかの話なのです。


僕の好きなモノは、ギヤドライブプレーヤー。
レコードプレーヤーは、ギヤドライブに決まってます。
16インチ、ギヤドライブ、コレじゃないと面白くありません。

僕の好きなモノは、モノラルの時代の機械。
自分が、モノラル盤しか聴かないからってこともあるのですが、モノラルの時代の機械は面白い!!
音の出かたが、ステレオの時代の機械と、ちがう。

だから、蓄音機も欲しいと思うんですけど、もう、そこまでは無理なのでやりません。

でも、1950年頃の機械って、やっぱり、蓄音機というかSP盤の音を引きずってるように思います。
だから、[MCINTOSH AE-2] や [JBL D1050] って、いいんですよね~~~!!


とにかく、レコードはオリジナル盤。
レコードプレーヤーは、ギヤドライブ。
アンプ、スピーカー、その他機械は全てモノラルの時代のモノ。
ほんで、それ全部が、舶来モン。

これでないと、聴いてても、やってても、面白くないんですよね~~~!!








a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。
















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-06-21 06:17 | Comments(0)

値は値ぇ~

a0154260_19371577.jpg

[PRESTO 64A] のモーターマウント交換をいたしまして、プレーヤー箱からの 「うなり音」 が解消されたわけなのですが・・・・・。

「うなり音」 の、あるなしで、こんなにも 「快適さ」 が変わるもんとは思いませんでした。
あの、「うなり音」って、たいしたことがないようで、ほんまは、ものすごい邪魔なんですね~~。
たっかい、たっかい、モーターマウントを買った甲斐もありました・・・・。


ウチは、線路沿いに面して立ってる建物ですので、オーディオ部屋は二重窓になっております。
なので、外の音はあまり部屋の中に入ってきません。
入ってくるのは、下階の犬の鳴き声と上階の夫婦ゲンカの声と掃除機をかけてはる尋常でないゴリゴリ音。

モーターマウント交換前、[PRESTO 64A] で、レコードを聴いておりますと、常に 「うなり音」 がそこに介在していたのですが、交換後は 「うなり音」 を全く感じません。
えらいもんですね~、今は音楽しか聴こえませんもんね~。
ま、これが、あたりまえなんでしょうけど・・・・いや、ほんとに、いい環境になりました。


これも、すべて、ヨハネス先生のおかげでございます。
ヨハネス先生、ほんとにありがとうございます。



あまりにも快適ですので、調子に乗って、いっぱいレコードを聴いてます。
で、これも機械が入れ替わるたびに書かせてもらってることなのですが、今回もやっぱり、これまで聴いててイマイチというか、あんまりだったレコードがものすごくイイ感じで聴くことができるようになりました。
「うなり音」 だけの問題だったのかどうかは分からないんですけど・・・・。
でも、「うなり音」 の解消は、めちゃめちゃ大きい感じですね~~!!

まあ、でも、取り出すレコード全てが素晴らしい・・・・これまで、自分なりにレコードをちゃんと集めてきといて良かったです。
こんなもん、勢いでやっとかんと・・・・チョビチョビ集めてられません・・・・・。
そのときは、「高いかな~?」と思っても、後になったら、なんぼで買うたかも覚えてませんしね~。

「値は値ぇ~」・・・・コレ、僕、好きなんです。
誰が言いはじめたんか知りませんけど、ほんまにうまいこと言いはったもんです・・・・やればやるほど、歳いけばいくほど、ほんまにそのとおりやと思いますね~~。







a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-06-19 19:37 | Comments(4)

蓄音機とパラゴン

a0154260_1533532.jpg

仕事で、京都に行っておりましたら、ケイタイにメールが届き・・・・・。

《今、ちょっと電話してもよろしいですか?》

J氏からです。

(どうしたんやろ?今、お仕事中のはずやし・・・なんか、緊急事態・・・・)

ちょうど仕事の合間でしたので、こちらからかけてみることに・・・・。


「あっ、もしもし~、なんです、どうしはりましたん?」

「いえいえ、お忙しいところをすんませ~ん、で、今、どちら?」

「今、京都で打合せの合間なんです~」

「あっ、忙しいのに、ほんとすんません・・・」

「いえ、大丈夫です。ほんで、何でしたん?」

「いや、ちょっと、できたらケーブル買ってきてくれはれへんかなと・・・」

(ん・・・? いや・・・これは、本題ではないわな・・・・。)

「あっ、はい、どんなケーブルですか?」

「あのね、S端子の10m」

「S端子の10mですね、了解しました~。」

「ほんと、すんません、お願いします~。」


(あれ・・・・そんだけか? ほんまに、そんだけか・・・? 本題は他にあるんじゃないのか・・・?)
(そやけど、電話切れたわな・・・ほんまにこれだけやったんやろか・・・?)

と、しばし自問自答を繰り返してみたのですが、ま、結局、本題は、その件だったようで・・・・・。

(となると・・・これは急いではるんや・・・きっとメチャメチャ急いではるんや・・・・そうに違いない。)

との、答えが出ましたので、仕事は仕事でこなしながら、数軒、電器屋さんを回ってみましたが、10mの長さのモンは在庫で持ってはりません。
何軒回っても、5mしかありませんので、J氏にメール・・・・。

《5m2本をコネクタかましで10mでもいいですか?》

《1本が、いいな~》

(それは、分かっとるがな・・・・ないねん、ないねん・・・無いから聞いとんねん!)

《もうちょっと、探してみます~》

《急いでないから、いつでもいいよ~》

(ん・・・? 急いでない・・・・どういうことやねん? なんか、分からんようになってきたぞ・・・・。)
(急いでないはずはないから、きっと、こっちに気ぃ使って、急いでないって言うてはんねやろ・・・。)


でも、まあ、その日は仕事もありましたのと、電器屋さんの営業時間のこともあり、この件は終了。
で、次の現場まで、時間があまりにも空いてしまいましたので、行ったことのない喫茶店を探して行ってみることに・・・・・。

「京都の喫茶店」みたいな本で、一軒の喫茶店を探しあてましたので、そこと決めて、行ってみました。

紹介文中の「ジャズのレコード2000枚」っちゅうとこに惹かれたんですね~~。

で、車で30分ほど走ったのですが、その日、このお店は貸切・・・・。

「あちゃ~」と思いながら、その店のドアから離れようとしましたら、背中側にも入口が・・・・。

目的の店とは違うこととなりましたが、時間をつぶさねばなりませんので、迷わずこちらに入店。


アンティークショップのような店内・・・・古~いモンがいっぱいです。
蓄音機に、SP盤が乗せられてましたので、「コレ、かけてもらえるんですか?」と訊ねてみましたら、「お聴きになりますか?」と、気軽にかけてくださいました。

結局、このお店で1時間半ほど、お茶をいただきながら、ずっとSP盤を聴かせていただいて・・・・・。

いや~、よかったですね~~!!
コーヒーも、500円。
あんだけ、聴かせてもらって500円は安いですね~~!!

このお店もよかったんですけど、最初に行こうとしてました、となりのお店は、パラゴンを鳴らしておられるらしいです。
次回は、二軒ハシゴでいきたいところですね~~!!
パラゴンといえば、ごんたさん ですので、今度、ごんたさんを無理やりに誘ってご一緒いただきましょう。


上の写真は、[GRAY 106] と [GRAY 108]

[106] に、自分が使いたいカートリッジをつけてみますと、ぜんぜん思うような針圧がかけられません。
なので、うまくバランスがとれるようウエイト調整部に、いろいろ仕込み中・・・・・。







a0154260_10563028.jpg

a0154260_10565254.jpg


2011年1月11日より、上記のジャズ喫茶みたいな感じの店を始めました。

詳しくは、BUNJIN HALL でご確認くださいまし。

皆様のご来店を、お待ちいたしております。















[PR]
by MONO_RECORDS | 2010-06-18 16:06 | Comments(4)