オーダーメイド靴






会長といえば、着だおれ




着だおれといえば、京都




京都といえば、チクチク




チクチクといえば、会長









おーー!!
























a0154260_16424993.jpg
小学校の高学年時より、靴のことではずっと悩まされている。


足のサイズが大きくて既製品では、なかなかにキツイ。


野球用のスパイク、当時は27cmが既製品の最大サイズで、めっちゃ痛いのを我慢しながらむりやりやってたわけなのですが、
ま、無茶苦茶ふんばることが多いスポーツですので、結果、両足親指の爪が4年間で三回ずつ腐ってしもた。


別注で大きなサイズを作ってもらうことをメーカーにお願いしたこともあるのだが、当時は、作ってもらうことができなかった。


たぶん、今だったら、別注も受けてくれるんだと思うし、既製品サイズの幅も当時より広がってる。









25年ほど前から、アウトレットやなんやで、とりあえずフツーに履ける靴を買うことができるようにはなった。


そうかというて、ほんまにエエな~と思うような靴を手に入れるのは今でも難しい。


30代の頃、木型から作ってもろて靴を作ってみようかと思い、いろいろ調べてみたが、なかなかに金額が高かったのと
デザイン的にあまりにも我慢できんもんしか作ってくれんとこしか見つけることができんかったので断念。














5年ほど前にも、また、いろいろ調べてみたことがあったのだが、そんときも25年ほど前とあんまり状況が変わってなかった。


ここ10年ほどは、東京五反田のめっちゃでかいサイズをいっぱい品揃えしてくれてる店で、そこそこ気に入るモンを調達できる
ようになってたので、まー、そんでよかったのであるが・・・・・。














先日、テレビを見ていたら、イタリアの靴工房が紹介されていた。


会長、こんなとこで作ってもらったんかぁ。さすが、大モンは違うで~・・・・・と、ぼんやり思っていた。


たぶん、それがきっかけになったんだと思う。































a0154260_16431170.jpg
数日後、「靴、オーダーメイド」みたいな検索をかけてみたら、数年前のぜんぜんピンとこんかった検索結果と全く違ったこととなった。


これまでの製作例みたいな写真をチラと見てみると、めっちゃカッコイイのが並んでる。


金額も、以前に調べていたもんの半額以下くらいの感じ。


イージーオーダーということになるらしいが、説明書きを読ませてもらうと、自分的には、ぜんぜんイージーオーダーじゃなく、
こんだけやってもろたら十分ちゃうんみたいな感じであった。


これは、とりあえず、一足作ってみてもらわねば・・・・・。






























a0154260_16433216.jpg
注文から二日後、「足形計測道具一式」が到着。


早速、測ってみた。


この作業が、面白かったのに、写真撮るの忘れてもた・・・・・。







まず、足三か所の足囲をメジャーで測る。

自分は、左足より右足のほうがちょっと大きかった。

で、両足をA3大の紙に乗せ、足の周りを鉛筆でなぞる。

で、最後、はだしになって、硬めのスポンジ状のものに足を乗せて、自重で沈むままに任せて型をとる。














三か所の足囲、なぞった足周り、スポンジ型を返送して、仮縫い靴があがるまで待つ。


今回は、仮縫い靴があがるまで、一か月~一か月半くらいかかるらしい。


早く、会長みたいに、イタリアの工房へメール一本でオーダー靴を発注できるような大モンになりたいが、たぶん一生なれん。


とりあえず今日、既製品で履けるモノもあるので、ちょっと贅沢かな~と思ってもみるが、ま、こども時分に鬼ほどおもっきり
我慢したんで良しとする。









足型を取るまでの作業が済んだだけであるが、ぜったいエエモンができる気がしてる。


一か月半ほど先に届く予定の仮縫い靴(ちなみに色はグリーン)、めっちゃ楽しみやし~~~!!

















































***************************************************

[PR]
by MONO_RECORDS | 2017-03-18 17:51 | Comments(0)
<< FAIRCHILD 220A バーター >>