会長と・・・。






店での超あわただしい一日を終え、ウチに帰り、最近お気に入りのレモンチューハイでしば漬をボリボリしてたら、会長 よりメールをいただいた。





「へれトンカツのおいしい店知らない?」




なんで、「へれ」だけひらがなやねん?と思いながら、ココはどうですかと二軒分の情報を返信。















「そんなんじゃなくって、ホテルで出てくるようなリッチな感じのないかと思って・・・。」











ホテルで出てくるリッチなトンカツってどんなんやねん?






















メールに、「今なにしてんのん?」とあったので、どうも、これは、たぶん、ちょっと時間があるんやろなと思い、
「懸案の塩タン、いきませんか?」と振ってみる。












塩タンの店と会長の現在位置が同じ駅だったので、駅前で合流後、塩タンを食べに行くこととなった・・・・・。




















会長をお待たせするわけにはいかないのと、すでにレモンチューハイを二杯飲んでいたこともあって、後で会長からたっぷりイヤミを言われるのは
分かっていながら、部屋着にツッカケ姿で集合場所へタクシーで向かう。






















10分経つか経たんかで駅に到着。


会長に連絡すると、会長は高級ホテルの二階をウロウロしておられたようであった。


数分後、会長と合流。


ワタシの身なりをご覧になられた会長、「あんた、そのカッコ、そんなんで来たん?」


ファッションには人一倍思い入れを持たれている会長とお会いするのに、さすがに部屋着にツッカケはマズかった・・・・・。


















「いや、まぁ、会長をお待たせするのはなんでしたので・・・」と言葉を濁し、塩タンへ向かう。











塩タンの店で、サクッと注文を済まし、とりあえず、なんやわからんけど乾杯。


「ところで、あんた、なんで来たん?自転車?」


「いや、タクシーです。」


「やっぱり・・・さすがやね~、リッチやね~~」
















会長のイヤミ波状攻撃をなんとか堪え、心刺しに箸をつける。


会長は、極力、生ものを控えておられるので、心刺しには箸をつけられないと分っていたのであるが、とりあえず訊いてみた。






「会長、食べてみてください!」


「いや、ええわ。」


「ま、そんなこと仰らずに一口だけでも。」


「いや、ええわ。」


「そんなん言うても美味しいですよ。ちょっとだけ食べてみたら?」


「いや、ええわ。だいたい、分かるし。」


(だいたい分かるて、なんやねん?)










何度、オススメしてみても、会長の固い意志は変えれず。



(ヨハ○スが、フグ屋さんで生モン勧めたときは、バンバン食べてたくせに・・・・・。)

















わちゃわちゃしてたら、塩タン登場。


大モンの会長、焼き上げまでは従者にやらせるタイプなので、ワタシが絶妙のタイミングで焼き上げた塩タンを会長のおてしょに乗せさせていただく。




「フンフンフンフンフン。」




美味しかったんか美味しなかったんかよく分からんが、フンフンフン言いながら食べておられた・・・・・。














塩タン食べ終わって、喫茶店に移動。


コーヒーを飲みながら喋ってる最中に、なんじゃかんじゃとスピーカーの話になり、ほんなら、ついでやし、今から行ってみましょか?と、電車で移動。




















結構、ひさしぶりに伺ったお店であったが、ちゃんと覚えてくれてはった。


訪問の目的であったスピーカー、きっちり鳴らしてくれてはったので、会長ご満悦。


「フンフンフン、エエ感じやん。」










「フンフンフン」って言うてはるときは、だいたいイイ感じをお持ちのようである。


終電間際の時間であったので、せっかく久しぶりに伺ったのに、ちょこっとおジャマしてすぐ引き上げるみたいな感じになってしもた。


ま、また、行かせてもらお。














ほんのいっとき治まっていた会長のオーディオ熱、最近、ムクムクムクムク立ち上がってきてるのは、こちらにもビシバシ伝わってきていたのであるが、
このお店でお目当てのスピーカーをお聞きになられたあとは、もう、ムクムクでは治まらずパンパンに膨れ上がってきているような感じであった・・・。



















ま、それはそれとして、塩タンのお店、やっぱり本店より分店のほうが気のせいでなく美味しいにゃ~。


先生、早よ、十三行きましょう~~!!

























































[PR]
# by MONO_RECORDS | 2017-06-18 01:24 | Comments(0)